【仕事辞めたいけど怖いから言えない】5つの理由と退職を伝える手順

【仕事辞めたいと言えない人へ送る解決法】自己中のすすめ

仕事を辞めたいけど怖いから、言えない方はいませんか?退職することを会社に伝えるのは、かなり勇気が必要ですよね。

私も、今までに3社辞めたことがありますが、仕事を辞めたいと言い出すのが怖かった経験があります。

これから、退職を伝えるのが怖い5つの理由仕事を辞めたいと会社に上手く伝えるための4つの手順を解説していきます。

本記事を読むと、仕事を辞めたいと言えない悩みを解決することができるので、是非最後まで読んでくださいね。




【仕事辞めたいと言えない!】退職を伝えるのが怖い5つの理由

仕事辞めたいと言えない理由とその解決策

仕事を辞めたいと言えない人には、大きく分けると以下の5つの理由があります。

①引き止められるのが怖いから

②気まずくなるのが怖いから

③会社に迷惑をかけるのが怖いから

④入社してすぐ退職するのが怖いから

⑤辞めた後の将来が怖いから

それでは、仕事を辞めたいと言えない理由を1つひとつ丁寧に解説していきます。

仕事辞めたいと言えない理由①引き止められるのが怖いから

仕事を辞めたいと伝えるときに一番気がかりなことは、会社に引き止められる可能性があることですよね。

優しい人ほど会社に引き止められると、ズルズルつまらない仕事を続けてしまうことが多いです。しかし、引き止められても無視しましょう。

所詮会社の同僚や上司は、『自分が困るから』あなたに会社を辞めないで欲しいのです。

あなたが大好きだから仕事を辞めないで欲しい」という純愛な同僚などほとんどいないでしょう。(そんな人がいたら少し気持ち悪い)

仕事辞めたいと言えない理由②気まずくなるのが怖いから

仕事を辞めると言ったら、職場の同僚と気まずくなるかもしれない…

今まで正社員で真面目に働いていた人が、会社を辞めるという噂は、すぐに社内で広がりますよね。しかし、時間が少し経てばあなたの存在は忘れ去られるから大丈夫です。

あなたが何年も前に退職した人のことをあまり覚えてないように、今の会社の同僚も時が経てば、あなたのことを忘れます。

そのため、気まずくて仕事を辞めることを言い出せないときは、「自分はどうせ同僚から時が経てば忘れられる」と考えましょう。

仕事辞めたいと言えない理由③会社に迷惑をかけるのが怖いから

少子高齢化が進む現代では、人手不足が深刻な問題となっていて、ギリギリの人手で業務を回している企業も多いです。

しかし、『私が仕事を辞めると、会社に迷惑をかけてしまうかも!』と思っている人は安心して下さい。

あなたが会社のことなど気にする必要はありません。あなた1人がいないだけで業務が回らなくなるような仕組みを作った会社側が悪いのです。

もし、あなたが責任を持って仕事を続けても、会社はあなたの人生に何かがあっても責任を取ってはくれません。

仕事辞めたいと言えない理由➃入社してすぐ退職するのが怖いから

入社して間もない頃は、特に仕事を辞めたいと言い出すのが怖いですよね

また、短期離職をすると、次の仕事が見つからないかもしれないという不安があるかもしれません。しかし、私は短期離職しても全然問題ないと考えています。

なぜかというと、私は新卒で入った会社を1日で辞めたことがあるからですw

それでも、すぐに転職できたので心配する必要はありません。あなたが若ければ再就職は、簡単ですよ。

仕事辞めたいと言えない理由⑤辞めた後の将来が怖いから

仕事を辞めた後の将来が不安」という人も多いでしょう。親から自立して生活していると、ただ生きているだけでお金がかかりますw

『仕事を辞めたら生きていけない…』そんな思いを抱えている人は、安心してください。仕事を辞めても何とかなります。

最悪、失業保険や生活保護という制度が日本にはあります。

また、国に頼らなくても公園に行けば水を飲めるし、ホームレスの多い地域では炊き出しをやっているところもあります。

そのため、将来への不安など考える必要はありません。仕事を辞めても本気で生きようと思えば、何とかなるもんです。

仕事を辞めたいと会社に上手く伝える4つの手順

 仕事辞めたいと言うための手順

転職経験3回の私が考えた、仕事を辞めたいと言うための手順は、以下の4つです。

①引き止められないような退職理由を考える

②上司に時間を取って貰う

③退職届を作成する

④次の仕事を探しておく

①引き止められないような退職理由を考える

仕事を辞めるためには、まず退職理由を考えなくてはいけません。退職理由が曖昧だと、会社から引き止めに合う可能性が高くなります。そのため、引き止めに合わない理由を考えましょう。

参考までに私が使ったことのある退職理由を箇条書きで書いておきます。是非参考にしてみてください。

・夢を追いかけたいから

・病気になったから

・親の介護が必要になったから

・留学したいから

②上司に時間を取って貰う

退職理由を考えたら、次は退職することを上司に伝えなくてはいけません。このステップが一番勇気が欲しいです。

普通に働いているときにいきなり退職することを伝えるのは難しいと思うので、上司に事前に話があるので、時間を下さいと言いましょう。

直接言えない場合は、メールでもOK。時間を取って貰えたら、あとは練りに練った退職理由を言うだけです。

緊張しても大丈夫!』目の前の上司は仕事を辞めてしまえば、赤の他人になります。

③退職届を作成する

上司に仕事を辞めることを伝えたら、あとは退職届を書くだけです。

会社指定の退職届がある場合は、会社の退職届。

会社指定の退職届がない場合は、自分で作って書きましょう。

書き方はググれば出てくるので、グーグル先生の指示に従いましょう。

④次の仕事を探しておく

退職届を会社に提出することができたら、あとは退職できる日を待つだけです。退職する日を待っている間は、自分の将来が不安になるかもしれません。

そのため、退職することを決めたら、転職活動を始めることをオススメします。

退職することをまだ言えていない人も、次の仕事を見つけておくことで、心が少し軽くなります。

今の会社でやっている仕事は同僚に適当に引き継いで、次の仕事を探しておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?本記事では、退職を伝えるのが怖い5つの理由仕事を辞めたいと会社に上手く伝えるための4つの手順を解説しました。

退職することを伝えるのは、怖いですが今の会社を辞めてしまえば、職場の人と会うことはもうなくなります。勇気を振り絞って、退職することを伝えてみましょう。

しかし、どうしても伝えられないときには、退職代行サービスを利用するのも1つの手段です。

退職サービスを使うと、自分で会社に退職することを伝えなくて済みますよ。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告