仕事行きたくない、家にいたいなら1日だけ休もう【真面目は損します】

出典:https://www.photo-ac.com

仕事に行きたくない…すっと家にいたい…」と、悩んでいませんか?

正直、仕事に行くために、毎朝早起きするのはしんどいですし…
できれば、ずっと家にいたいですよね。

仕事に行きたくない時は、”1日だけ”休んで、心身を休めた方が良いと思います。

日本には「休まない人=偉い」という考えがありますが、その考えは古いです。

この記事を読むと、仕事に行きたくない時の対処法がわかり、現在のストレスから解放されますよ。

約3分で読み終わるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。




仕事に行きたくない!家にいたいなら1日だけ休もう【真面目は損】

出典:https://pixabay.com

 まずは「仕事に行きたくない!家にいたい」と思ったら、”1日だけ”休みを取ってください。

あなたは現在、精神的にかなり追い詰められているでしょう。

確かに、日本社会には「休まない人=偉い人」という風潮があります。

しかし、仕事に行きたくないときに、無理をする必要はありません。

休むことは悪いことではない

休むことは、悪いことではありません。

ぶっちゃけ、日本社会では、真面目に働いている人が損をするので。

会社員は固定給。無理に出勤しても、給料は変わりませんよね…

✔ 会社の人に迷惑をかけても良い

仕事を休むと、会社の人に迷惑をかけるのではないかと、不安を感じますよね。

しかし、迷惑をかけても良いと思います。
なぜなら、一緒に働いている以上、迷惑をかけることは必ずあるからです。

あなたも普段、会社の同僚や上司から、迷惑をかけられることがありますよね。

少しくらい、あなたが迷惑をかけても良くないですか?

日本社会では真面目は損をする

あなたは何のために働いていますか?

基本的には「お金を稼ぐため」でしょう。

しかし、どんなに頑張っても、日本の会社はなかなか給料が増えないですよね。
たとえば、職場の無能な人と有能な人の給料の差は、数万円程度でしょう。

正直、給料があまり変わらないならば、無能な人の方が得かもしれません…

繰り返しになりますが、給料が固定給ならば1日くらい休んでも、罰は当たらないと思います。

✔あなたがいなくても会社は回る

責任感が強い人は、自分が休んだら会社が回らないのでは?と、不安になるでしょう。

しかし、あなたの代わりはいくらでもいます。

私も仕事に行きたくなくて、休んだことがありますが、普通に会社は回っていました。

もし、代わりがいないならば、それは会社の責任。
リスク管理ができていない、会社の経営陣が悪いのです。

社員は所詮、会社の歯車ですからね…


仕事に行きたくない、家にいたいと思って休んだ結果【体験談】

出典:https://www.photo-ac.com

私も過去に仕事へ行きたくない!家にいたいと思ったので、1日だけ休んだことがあります。

会社を休んで昼くらいまで寝て、午後はYouTubeで動画を見ながらダラダラしていました。

1日休んだら、今後のことをゆっくり考えることができましたよ。

✔【体験談】1日休んだ後に出勤した結果

1日休んだ後に出勤した結果!何も起きませんでした!

怒られるのではないかと心配でしたが、むしろ心配されましたよ。
普段、あまり休んだことがないからですが、、、

あなたも普段、真面目に働いているならば、1日くらい休んでも怒られないかと。

というより、1日休みをとっただけで怒られる会社は、ブラックすぎです…

特に体調が悪くて仕事に行きたくない時は休むべき

出典:https://unsplash.com/photos/BuNWp1bL0nc

仕事に行きたくない、家にいたい理由が体調不良ならば、絶対に休むべきです。

特に、ストレスで体調がおかしいときは、注意が必要。

ストレスを放置しておくと、精神病などになって、社会復帰が難しくなってしまうこともあるでしょう。

少しでも身体に異変を感じたときは、迷わずに休みを取ってください。

あなたが体調を崩しても、会社側は責任をとってくれないですよ。

精神的ストレスで、仕事に行きたくないときは、「休職する」のも1つの手です。

会社の就業規則にもよりますが、休職すると、傷病手当金(給料の3分の2程度)がもらえる可能性があります!

詳しい情報は、以下の記事をどうぞ。


仕事に行きたくない!家にいたいならば当日欠勤も可

出典:https://pixabay.com

仕事に行きたくない、家にいたいと思ったら、当日欠勤しても大丈夫です。

「当日欠勤をしてはいけない」という法律はないので。

出勤当日の朝に上司へ連絡して休んでも、全く問題ありません。

しかし、連絡はしっかり入れましょう。

無断欠勤だけはしないでくださいね!
(無断欠勤を繰り返すと、解雇される可能性もあります)

✔当日欠勤を怒るような会社は価値観が古い

当日欠勤すると、怒られるのでは?と不安を感じた人もいるかと。

しかし、当日欠勤を怒るような会社は、価値観が古すぎます…

「休まない人=偉い」という価値観は、古くないですか?

会社の最大の目的は、利益を出すことであって、休まないことではないはず。

なのに、1日休んだだけで怒るとか、時代遅れの会社では…

時代遅れの会社は、今後倒産する危険性もあるでしょうね。
技術の変化が早い時代なので。

休みの日に再び、将来について考え直した方が良いかもしれません。

1日仕事を休んでも状況が改善しないときの対処法

出典:https://unsplash.com/photos/YodH2WzN6YU

1日休むと、確かに体の疲労は回復します。

しかし、休んだだけでは問題が解決しないこともありますよね。

たとえば、以下の問題があるときは、休みをとっても現状は何も変わらないかと。

  • パワハラ・モラハラを受けている
  • 給料が少ない
  • 残業が多すぎる
  • 職場の人間関係が最悪
  • 仕事がつまらない

上記の問題は、休みをとっても、解決しません。

なので、職場に問題があるときは、退職を視野に入れるのもありだと思います。

毎日、身体にムチを打って出勤しつづけるのは、辛くないですか…?

選択肢はいくらでもある

世の中には、選択肢がいくらでもあります。

国税庁の調査によると、日本には法人が「200万社以上」あるそうです。

(参考元:https://www.nta.go.jp/publication/
statistics/kokuzeicho/hojin1998/05.htm)

200万社もあれば、今の会社を辞めても、どこかしら就職先は見つかりそうですよね!

選択肢はいくらでもあるので、仕事を辞めた後の心配は不要だと思います。

最悪、正社員が辛いならば、アルバイトとかでも生きていけますからね。

✔仕事を辞めても生活費は確保できる

仕事を辞めた後の生活費が不安な人もいるでしょう。

しかし、日本には様々なセーフティーネットがあります。

  • 失業手当
  • 再就職手当
  • 職業訓練受講給付金

上記のように、失業しても国から貰える様々な手当があります。
(お住まいの地域のハローワークで手続きをすると、手当がもらえます)

さらに、失業者は税金や年金の支払いも、免除することが可能です。

日本は再就職するためのサポートが、かなり手厚いです。

✔日本は失業しても生きていける

私も過去2年間で3回退職した経験があり、退職後は失業手当をもらって生活してました。

ぶっちゃけ、日本では正社員で働かなくても、飯は食えます。

仮に再就職が当分決まらなくても、アルバイトをすれば良いだけの話。
最悪生活保護とかもありからね!

日本は、失業しても生きていける最高の国です。

今の職場が辛いならば、退職して、新しい人生をスタートさせるのも良いと思いますよ!

本日は以上です!
最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
広告
広告
スポンサーリンク
広告