月曜日に仕事へ行きたくないときは手を抜いてOK!【休むのも可】

出典:https://www.photo-ac.com/

もう日曜日の夜…月曜日は仕事へ行きたくない…

上記のように考えていませんか?

月曜日は、休日とのギャップで、出勤するのが本当にツライですよね…

しかし、月曜日の出勤が辛いときは、手を抜いてOK。
どうしても辛いときは、休んでも良いと思います!

この記事を読むと、月曜日の憂鬱感が減り、月曜日をストレスなく乗り越えることができますよ!

3分ほどで読み終わるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

✔本記事の内容

月曜日に仕事へ行きたくない理由&対処法
月曜日の出勤が苦ではない人の特徴
・ 月曜がつらいときは休んでも良いという話




月曜日に仕事へ行きたくないときは手を抜いてOK!

出典:https://unsplash.com/photos/TTPMpLl_2lc

いきなりですが、月曜日に仕事へ行きたくない人は、真面目すぎです!

月曜日から全力を出そうとするから、仕事に行くのがツライのでしょう。

仕事に行きたくないときは、出勤後に手を抜くのもありですよ。

ぶっちゃけ、出勤だけしておけば、すぐに評価が下がることはないですからね。1日くらい手を抜いても良いかと。

逆に正社員は、真面目に働いたとしても、たいして給料は変わらないですよね…

なので、まずは出勤することだけを目標にして、出勤後は少し手を抜くのも良いでしょう。

しかし、あなたは月曜日、なぜ仕事に行きたくないのでしょうか?


月曜日に仕事に行きたくないのはなぜか?

出典:https://pixabay.com

月曜日に仕事へ行きたくないのかなぜか?」について、原因を考えてみましょう。

行きたくない原因がわかれば、適切な対処法を考えることができますよ。

あなたが月曜日、仕事に行きたくない主な理由は、以下のとおり。

✔月曜日に仕事へ行きたくない理由

土日が楽しかった反動
トラブルが解決していないから
仕事にそもそも行きたくないから

①土日が楽しかった反動

土日が楽しかった反動」で、月曜日に仕事へ行きたくない人もいるでしょう。

土日は、好きなだけ遊べたり、寝れたりしますよね。

休日が充実している人ほど、平日とのギャップで仕事に行くのが苦痛になるでしょう。

しかし、休日が充実している人は、そこまで深刻ではないかと。

なぜなら、休日を目標に仕事を頑張ることができるからです。

月曜日は辛いかもしれませんが、週末に近づくにつれて、嫌な気持ちは薄れていくでしょう。

最近は、「サザエさん症候群」という言葉もあるくらいですからね。

月曜日に仕事に行きたくないのは、社会人ならば割と当たり前なのかもしれません…

サザエさん症候群とは、日曜日の夕方(サザエさんの放送時間)に”休日の終わり”を実感し、憂鬱になる状態のこと。

②トラブルが解決していないから

仕事のトラブルが解決しないまま、土日をむかえると、月曜日仕事に行きたくないですよね…

  • 休日も仕事のことを考えてしまう…
  • トラブルのことが頭から離れない…
  • 月曜日に上司から怒られるのが怖い…

上記のように、トラブルを翌週に持ちこしてしまうと、出勤するのが嫌になります。

しかし、トラブルは毎週起こるわけではないので、今だけ乗り越えてみましょう。

あなたは、数年前のトラブルを覚えていて、今でも落ち込んでいますか?

おそらく、忘れているでしょう。
つまり、トラブルが起きても時間が経てば、忘れるということ。

明日会社に行ったら、確かに大変なことがあるかもしれません。

しかし、数年後には忘れています。

トラブルが頭から離れない時は「時間が経てば忘れる」と、心の中で唱えください。

ただ、トラブルがあるわけではないのに、仕事へ行きたくない人もいますよね…

③仕事にそもそも行きたくない

月曜日に仕事に行きたくない理由が、仕事にそもそも行きたくない場合は、注意が必要。

このタイプの人は、純粋に仕事が合っていないのかもしれません。

向いていない仕事を続けると、ストレスが溜まり、うつなどの精神病になる可能性も…

週に5日間も、苦手な仕事に耐えるのは、拷問を毎日受けてるようなものです。

自分が心から楽しめる仕事を、すぐにでも探し始めた方が良いかもしれませんね。

関連記事:【危険】向いていない仕事を続けるとうつになる?仕事は才能が全て!

月曜日に仕事に行きたくない時の3つの対処法

出典:https://www.photo-ac.com

続いて、月曜に仕事に行きたくないときの3つの対処法を、紹介していきます。

対処法3つは、以下のとおり。

✔月曜日に仕事に行きたくない時の3つの対処法

日曜日の午後にしっかり休む
月曜日は手を抜いて定時帰りする
月曜日に楽しみな予定を入れる

①日曜日の午後にしっかり休む

最初に紹介する対処法は「日曜日の午後にしっかり休む」です。

月曜日が憂鬱に感じる人は、土日に予定を入れすぎかもしれません。

月曜日の朝に疲れを持ち越さないように、日曜日の午後はしっかり休みましょう。

休日に予定を入れるならば「土曜日は遊んで日曜日は休む」のように、決めておいた方が良いですよ。

ただ、日曜日の午後に睡眠をとりすぎるのもNG。

昼寝をしすぎると夜に眠れず、月曜日の朝に睡眠不足になることもあります…

なので、日曜日の午後は、リズムを崩さない程度にゆっくりしてくださいね。

外に出掛けると疲れが取れにくいので、日曜日は家で過ごすことをオススメします。

②月曜日は手を抜いて定時帰りする

2つ目の対処法は「月曜日は手を抜いて定時帰りする」です。

月曜日に仕事が片付かなくても、残りの4日で本気を出せば挽回できますよね。なので、月曜日は手を抜いて、早く家に帰るのもあり。

あなたは常に全力で働こうとしているから、仕事に行くのが辛いのでしょう。

月曜日は休み明けで、頭が働きにくいです。
面倒な仕事は入れないようにした方が良いでしょう。

たとえば、大事な会議や商談の予定を入れるのは、避けた方が無難。

ルーティンワークなど、頭を使わない仕事を中心することをオススメします。

月曜日は生産性が上がりにくいので、早めに仕事を切り上げた方が良いですよ!

③月曜日に楽しみな予定を入れる

最後に紹介する対処法は「月曜日に楽しみな予定を入れる」です。

あえてツライ月曜日に、予定を入れるのも1つの手段。

月曜日に楽しみな予定を入れておけば、仕事へ行くモチベーションが生まれるでしょう。

たとえば、以下のような予定を入れると良いですね。

  • 月曜日はカフェで朝食をとる
  • 仕事後に映画を見る
  • 月曜の夜は外食して美味しいものを食べる日にする

土日は混んでいる店も、月曜日なら空いていることがありますよね。

なので、月曜日にあえて贅沢をしてみるのも、良いと思います!

「月曜日=贅沢する日」のように決めてしまえば、月曜日のストレスが減少しますよ。


月曜日に仕事に行きたくない気持ちを抑えられる人の特徴

出典:https://www.photo-ac.com/

世の中には、月曜日に仕事に行きたくない気持ちを、抑えられる人もいますよね。

むしろ、月曜日に出勤することを、楽しみにしている人もいるでしょう。

月曜日の出勤が苦ではない人の特徴は、以下のとおり。

休日にしっかりリフレッシュしている
心から楽しめる仕事をしている
休日にも仕事や勉強をしている

①休日にしっかりリフレッシュしている

休日にしっかりリフレッシュできている人は、月曜日の出勤が苦ではありません。

なぜなら、土日が来るたびに、ストレスがリセットされているからです。

休日を楽しめる人は、趣味などを持っている人が多く、ストレス発散方法を確立しています。

オンオフの切り替えが、上手な人とも言えるでしょう。

②心から楽しめる仕事をしている

心から楽しめる仕事をしている人も、月曜日の出勤が苦ではありません。

世の中には、仕事が大好きな人がいますよね…

仕事が大好きな人は、休日にも仕事のことを考えています。

なので、月曜日に仕事に行きたくないという気持ちは、全く起きないのでしょう。

仕事が好きな人は、羨ましいですよね。

もし、今の仕事がつまらないと感じているならば、無理に耐えなくても良いと思います。

人生は一度きりなので、楽しめる仕事を探した方が良いかもしれませんね。

あなたがまだ若いならば、いくらでも楽しい仕事を見つけるチャンスはありますよ!

関連記事:仕事がつまらないときは耐えるべきか?【悲報:時間のムダです…】

③休日にも仕事や勉強をしている

休日にも仕事や勉強をしている人は、月曜日に出勤するのが苦ではないでしょう。

毎日働いている人は、土日と月曜日のギャップに苦しまないのです。

「毎日働くwwwブラック企業かよ!」と思うかもしれません。

しかし、仕事を楽しんでいる人は、プライベートでも仕事をしても苦ではないのです。

結局のところ、月曜日を苦にしない人は、”仕事を楽しんでいる”という結論に至ります。

月曜日へ仕事に行きたくない人は、楽しめる仕事を早く見つけた方が良いかもです。

ただ、どうしても仕事に行きたくないならば、いったん休むのもありだと思いますよ。

月曜日に仕事に行きたくないならば休んでも良い

出典:https://pixabay.com

月曜日、どうしても仕事に行きたくないならば、休むのもありだと思います。

気持ちが乗らないときに出勤しても、仕事がはかどらないですからね。

正社員の仕事は、長期戦です。

この先数十年、会社員をするならば、時には休むことも大切。

ツライときに休まないと、定年まで勤め続けるのは無理ゲーですよ!

ただ、毎日のように仕事行きたくないならば、今の仕事が合っていないのかもしれません…

✔毎日行きたくないならば仕事が合っていないかも

月曜日だけではなく、毎日のように仕事に行きたくない人もいるでしょう。

毎日行きたくない人は、今の仕事が合っていないのかもしれません。

合っていない仕事をこの先何年も続けるのは、辛すぎますよね‥‥

厳しいかもですが、行動しないと、ツライ現状からは抜け出せません。

なので、勇気を出して、転職活動を始めてみるのもありかと。

日本には約200万社以上の法人があるので、あなたが心から楽しめる仕事は、絶対ありますよ。

転職先が見つからなかったら、今の仕事を続ければ良いだけの話。

働きながら転職活動を進めれば、ノーリスクですからね(^-^)

行動しないと現状は何も変わりません。

この機会に転職活動を始めて、新しい道を探してみるのも良いかもしれません。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

関連記事:【退職代行は使う価値があるのか?】料金や失敗しない選び方を紹介

スポンサーリンク
広告
広告
スポンサーリンク
広告