仕事がつまらないときは耐えるべきか?【悲報】時間のムダです…

出典:https://pixabay.com

「仕事がつまらない。このまま耐えるべきかな…」と悩んではいませんか?

最低でも、週5日×8時間。つまらない仕事に耐えるのは、本当に苦痛ですよね。

本記事では、「仕事がつまらないときは耐えるべきか?を判断する3つの基準」と「仕事がつまらない時の5つの対処法」を紹介しています。

この記事を読むと、いまの仕事に耐えるべきかの判断ができ、どんな行動をすれば良いかわかりますよ。

ぜひ最後まで読んでくださいね。




仕事がつまらないのに耐えるのは時間のムダです!

出典:https://unsplash.com/photos/mId2gG0a9GU

つまらない仕事に耐えるのは、はっきり言って「時間の無駄」です。

失った時間は、二度と戻ってきません。

つまらない仕事に定年まで耐えて、気づいたら老後になっているという人生は嫌ですよね。

だから、つまらない仕事はすぐにでも辞めた方が良いのは事実です。

しかし、あなたの現在の職場の条件によっては、退職するのがもったいない場合もありますよね。

これから、「仕事がつまらないときは耐えるべきか?」を、判断する基準について解説していきます。

仕事がつまらないときは耐えるべきか?を判断する3つの基準

出典:https://pixabay.com

今回紹介する「仕事がつまらないときは耐えるべきか?」を判断する基準は、以下の3つです。

✅3つの判断基準

仕事内容が合っているか
スキルアップできているか
評価されているか

それでは、3つの判断基準を一つずつ丁寧に解説して行きます。

現在のあなたの状況に照らし合わせて、参考にしてみてください。

①仕事内容が合っているか

1つ目の判断基準は「仕事内容が合っているか」です。

まずは、現在の仕事内容が自分にあっているのかを、もう一度考え直してください。

仕事内容が合っていないことが原因で、「仕事がつまらない」と感じている方もいるでしょう。

最低、週5日×8時間も時間を使うならば、自分の適性に合っている仕事をしたいですよね。

もし、現在の仕事が合っていないと感じるならば、無理に耐える必要はないでしょう。

逆に、仕事は合っているけど、マンネリ化でつまらないと感じているならば、耐えてください。

下手に動いて環境を変えると、もっとつまらない仕事をすることになる可能性があります。

②スキルアップできているか

2つ目に紹介する判断基準は、「スキルアップできているか」です。

何もスキルが身につかない職場で働いている人は、日々仕事がつまらないと感じているでしょう。

現在、スキルがつかない職場で働いている方は、耐える必要はありません。

スキルが身につかない職場で耐え続けても、ムダに年を取るだけです。

年齢を重ねるごとに、転職が厳しくなっていくでしょう。

逆に、スキルが身につく職場で働いている方は、もう少し耐えた方が良いかもしれません。

日本社会では、3年仕事を続けると職歴とみなされます。

つまらない仕事に耐えて、スキルを身につければ、好待遇の職場へ転職することができるかもしれません。

③評価されているか

最後に紹介する判断基準は「評価されているか」です。

成果を出しても評価してもらえないと、仕事がつまらないと感じてしまいますよね。

給料が同年代の平均年収よりも明らかに低くかったり、やる気がない人と給料が同じだったりすると、やる気が出ないでしょう。

もし、社内で正当な評価をしてもらえないと感じるならば、耐える必要はありません。

反対に、正当な評価をしてもらえているならば、耐えた方が良いですね。

評価されて出世していけば、将来的に仕事が楽しくなることもあるでしょう。

もう耐えるのは限界!仕事がつまらない時の5つの対処法!

出典:https://unsplash.com/photos/75nbwHfDsnY

つまらない仕事に耐えるのが限界でも、具体的にどのような行動をすれば良いかわからないですよね。

これから、仕事がつまらない時の対処法を5つ紹介していきます。

✅仕事がつまらない時の5つの対処法

仕事がつまらない原因を追究する
上司に相談する
残業を減らしてプライベートを楽しむ
副業を始める
自分が心から楽しめる仕事を探す

それでは、仕事がつまらない時の5つの対処法を、1つひとつ詳しくみていきましょう。

①仕事がつまらない原因を追究する

最初に紹介する対処法は「仕事がつまらない原因を追究する」です。

つまらない原因が明確にわかっていないと、仕事に耐えるべきかの判断をすることができません。

仕事がつまらない原因を追究するときは、原因を紙に書き出してみると良いでしょう。

たとえば、以下ようにつまらない原因を書きだしてみてください。

  • 飽き性の自分にルーティンワークは合わない。
  • 将来は起業を目指しているのに、この会社ではスキルが身につかない。
  • 頑張っているのに給料が鬼のように安い。

仕事をつまらない原因を紙に書くことで、解決策を考えることができますよね。

まずは仕事がつまらない原因を、追究してみてはいかがでしょうか。

②上司に相談してみる

出典:https://unsplash.com/photos/W3Jl3jREpDY

2つ目に紹介する対処法は「上司に相談してみる」です。

仕事内容がつまらないと感じているのであれば、環境を変えてもらえるように交渉してみるのも1つの手段です。

相談するときは、以下のことを明確に伝えるようにしましょう。

  • 仕事がつまらない原因はなにか
  • 本当はどんな仕事がしたいのか

相談するときに、職場の愚痴をいうのはNG。

あくまで「仕事内容を変えてもらえないか」の相談をしましょう。

正直、対応してもらうのは厳しいかもしれません。

しかし、何も行動を起こさずに、つまらない仕事に耐えるよりはマシです。

まずは、現状を改善するために、行動を起こしてみましょう。

③残業を減らしてプライベートを楽しむ

出典:https://unsplash.com/photos/eneBv_kkYwI

3つ目に紹介する対処法は「残業を減らしてプライベートを楽しむ」です。

「プライベートを楽しむ」というモチベーションがないと、仕事へのやる気が起きないでしょう。

仕事以外にやることがない人は、仕事のことで頭がいっぱいになってしまいます。

そのため、仕事がうまくいかないと、ネガティブ思考になっていくでしょう。

逆に、プライベートが充実していると、仕事が多少つまらなくても耐えることができます。

たとえば、「休日は趣味の○○ができるから、今日も仕事を頑張ろう!」のように思えるのです。

社会人になると、時間の確保がなかなか厳しいですが、休日などにできる趣味を探してみてはいかがでしょうか。

④副業を始める

出典:https://unsplash.com/photos/1HzaqbBpxBs

4つ目に紹介する対処法は「副業を始める」です。

仕事がつまらないときは、自分の興味のある分野の副業に挑戦してみるのも良いですね。

副業で運よく結果がでれば、転職活動の際に有利に働いたり、将来独立できたりするかもしれません。

副業を選ぶときのコツは、自分が楽しめるものを選ぶことです。

ストレスのかかる副業を選ぶと、本業と二重にストレスがかかってしまうので、注意しましょう。

⑤自分が心から楽しめる仕事を探す

出典:https://pixabay.com

最後に紹介する対処法は「自分が心から楽しめる仕事を探す」です。

仕事がつまらない現状は、環境を変えれば解決するかもしれません。

環境を変えるために、転職も視野に入れてみると良いでしょう。

最初は、転職サイトに登録して、求人を眺めるだけでもOKです。

無料で登録できるので、現状を改善するために、楽しめそうな仕事を探してみてはいかがでしょうか。

仕事がつまらないときは耐えるべきか?:まとめ

出典:https://www.pakutaso.com/20200836219post-30036.html

本記事では、「仕事がつまらないときは耐えるべきか?を判断する3つの基準」と「仕事がつまらない時の5つの対処法」を紹介しました。

最後にもう一度、あなたが行動を起こせるように、5つの対処法をおさらいしましょう。

✅仕事がつまらない時の5つの対処法

①仕事がつまらない原因を追究する
②上司に相談する
③残業を減らしてプライベートを楽しむ
④副業を始める
⑤自分が心から楽しめる仕事を探す

つまらない仕事に耐えるのは、「時間のムダ」です。

しかし、あなたのいる職場の条件によっては、少し耐えた方が良い場合もあります。

まずは、本記事で紹介した判断基準を参考にして、耐えるべきかを判断してください。

そして、5つの対処法を実践すれば、つまらない現状から抜け出すことができるでしょう。

つまらない仕事をもう選びたくない人は

転職サイトで楽しそうな仕事を探していても、実際の仕事内容がイマイチわかりにくいですよね。

転職先でも、現在のようなつまらない仕事に就いてしまうは、絶対に避けたいでしょう。

もうつまらない仕事を選びたくない人は、「転職エージェント」を使うと良いですよ。

転職エージェントは、転職のプロです。

転職先の仕事内容についても、詳しく知っているので、あなたにピッタリな仕事を紹介してくれるでしょう。

無料で相談することができるので、この機会に利用してみることをオススメします。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告