【仕事を覚えられない】覚えが悪くていつも怒られる方への処方箋!

出典:https://www.photo-ac.com

この記事は「仕事がなかなか覚えられない…覚えが悪くていつも上司に怒られる…」という悩みを持っている方に向けて書かれています。

仕事が覚えが悪くて毎日怒られてばかりいると、会社に行くのが本当に辛いですよね。

自分は仕事ができない」「自分は頭が悪い」などと、自分に自信を無くしてしまうこともあるでしょう。

この記事を読むと、「仕事をなかなか覚えられない!」という悩みを解決することができますよ。ぜひ最後まで読んでくださいね。

✅本記事の内容

・覚えが悪くて上司に怒られる人の特徴
・仕事が覚えられない…いつも怒られる人の対処法
・「覚えが悪いのは、仕事に適性がないだけ」という話




仕事を覚えられないことが原因で、上司に怒られる人の3つの特徴

出典:https://www.photo-ac.com

仕事を覚えられない上に、上司から怒られるのは本当に辛いですよね。

まずは、仕事を覚えられないことで上司に怒られる人の特徴を紹介していきます。特徴は、以下の3つです。

✅仕事を覚えられないことで上司に怒られる人の3つの特徴

同じミスを繰り返す
質問をしないでミスをしてしまう
メモを取らない

それでは、仕事を覚えられないことで上司に怒られる人の3つの特徴を、1つずつ詳しく解説していきます。

①同じミスを繰り返す

1つ目の特徴は、「同じミスを繰り返す」です。

仕事を覚えられなくて、上司に怒られる人は、同じミスを繰り返す傾向にあります。

初めてのミスならば、あまり怒られないかもしれません。しかし、何度も同じミスをされると、上司はイラついてしまいます。

同じミスをする人は、全く反省してない」と上司から思われてしまうのです。

もし、初めてのミスで怒られるようならば、その企業は「新人いじめ」をする会社の可能性が高いです。

転職を考えた方が良いかもしれませんね。

②質問をしないでミスをしてしまう

出典:https://www.pakutaso.com/20190633175post-21541.html

2つ目の特徴は、「質問をしないでミスをしてしまう」です。

「上司が忙しそうだし、質問したら迷惑がかかるかなあ…」と、質問をためらってしまう気持ちもわかります。

しかし、わからないことをわからないまま進めて、ミスをされると大幅な修正が必要になります。

「ミスを修正することに手間をかけたくない」という理由で、あなたのことを怒るのです。

ミスを修正することに手間をかけるくらいならば、わからないことを事前に質問してきてほしいというのが上司の本音でしょう。

③メモを取らない

出典:https://unsplash.com/photos/RLw-UC03Gwc

3つ目の特徴は、「メモを取らない」です。

仕事を教えてもらったときに、メモを取らない人は、覚える意欲がないと上司に思われてしまうでしょう。

上司は、あなたの仕事を覚える意欲がないことに対して、怒っているのかもしれません。

・メモを取らずに、同じミスを何度もする
・メモを取らずに、同じ質問を何度もする

上記の行動に心当たりがあるならば、上司に怒られて当然です。

もし、メモを常にとっていて、仕事を覚える姿勢があるならば、多少のミスも多めに見てくれる可能性があるでしょう。

仕事が覚えられないのは「怒られることに委縮」しているだけかも

出典:https://pixabay.com

あなたが仕事を覚えられない原因は、上司から怒られることに委縮しているだけかもしれません。

上司から怒られると、「怒られないように気を付けなきゃ…」と考えて、プレッシャーを感じてしまいますよね。

人間はプレッシャーを感じると、本来のパフォーマンスを発揮することができません。

家でなら正常な判断ができたとしても、職場に行くと正常な判断ができなくなってしまうのです。

正常な判断ができない → 怒られる → 怒られるから萎縮する → 萎縮するから正常な判断ができない

上記のような、悪循環が生まれてしまうのです。

それでは、悪循環から脱出するためにはどうしたら良いのでしょうか?

これから、対処法を紹介していきます。

仕事を覚えられない…!いつも上司に怒られる時の3つの対処法

出典:https://pixabay.com

仕事を覚えられない…!いつも上司に怒られる時の対処法は、以下の3つです。

✅3つの対処法

メモを取って何度も復習する
わからないことを放置しない
開き直る

それでは、「仕事を覚えられない…!いつも怒られる時の3つの対処法」を、1つずつ丁寧に解説していきます。

①メモを取って何度も復習する

最初に紹介する対処法は、「メモを取って復習する」です。重要なのはメモをとるだけではなく、”何度も復習する“ことです。

メモをしただけで、仕事を覚えた気になっている人も中にはいるでしょう。

しかし、メモの内容を何度も復習して、仕事を覚える努力をしないといけません。

  • 教えてもらったこと
  • 聞いたこと
  • 見たこと

これらをメモしておき、繰り返し復習するようにしましょう。

どんなに記憶力が悪くても、繰り返し復習すれば、絶対に仕事を覚えることができますよ!

また、メモを取って復習する姿勢を上司に見せれば、仕事覚えが悪くても、努力が認められる可能性があります。

努力をしている姿勢を見せるだけでも、怒られる確率は低くなりますよ。

②わからないことを放置しない

出典:https://www.photo-ac.com

2つ目の対処法は「わからないことをそのまま放置しない」です。

わからないことを放置してしまうと、ミスをする確率が高くなるでしょう。放置しないようにするためには、上司に積極的に質問するしかありません。

わからないことがあれば、同じことを2回聞いても大丈夫です。

「同じことを2回も聞くと怒られるのでは?」と不安に思われるかもしれません。

しかし、聞き方を工夫すれば、意地悪な上司で無い限り怒られることはません。

  • 「確認なのですが、このやり方であってますか?」
  • 「1度教えて頂いたのに同じ質問をして申し訳ありません。この仕事のやり方であっていますか?」

上記のように、1度教えてもらった内容だけど、再度確認したい。

1度教えて頂いたのに、忘れてしまって申し訳ない。というような聞き方をすると、怒られる確率は減りますよ。

1度教えてもらった仕事について、最後質問をするときは、ぜひ実践してみてくださいね。

③開き直る

出典:https://www.pakutaso.com/20200839234post-30273.html

3つ目の対処法は「開き直る」です。

仕事を覚えることができなくて、上司に怒られると、自信がなくなってしまいますよね。

自信がなくなってしまい、精神的に辛いときは、開き直ることも1つの手です。

  • 初めから全てを覚えられる人はいない!怒られてもまあいいや!
  • 上司の教え方が悪いだけ!

上記のように、開き直って仕事をしてもよいでしょう。

あなたが仕事を覚えられないのは、あなたの記憶力の問題ではないかもしれません。

現在あなたのいる環境が悪いだけの可能性があります。

そのため、仕事が覚えられない自分のことを、あまり責め過ぎないようにしましょう。

怒られる筋合いはない!そもそも仕事は1回で覚えられないもの

出典:https://pixabay.com

あなたは、仕事を覚えることができなくて、上司に怒られてばかりかもしれません。

しかし、人間は「忘れる生き物」です。

天才な人ではない限り、仕事を1回で覚えることはできません。

  • 「同じことを2回聞くな!」
  • 「この前もその仕事教えたよね!」

このようなセリフに聞き覚えはありませんか?

上記のことを言われるようならば、あなたの上司の教え方に問題があります。

部下が仕事を覚えるまで、しっかりと仕事を教えてあげるのは、上司の役目です。

同じことを2回聞くと怒る上司は、自分の教え方が悪いことを、あなたの責任にしているだけでしょう。

仕事が覚えられないのは今の仕事が向いていないだけかも

出典:https://pixabay.com

  • 努力をしているのに仕事を覚えられない
  • 怒られるのが辛くて会社に行くのが辛い

上記のような場合は、いまの仕事に適性がないことも考えられるでしょう。

いまの仕事に適正がないと感じたときは、転職を考えてみるのもありです。しかし、先のことを考えずに仕事を辞めてしまうのは、リスクがありますよね。

仕事に向いていないと思ったときでも、いまの会社に勤めながら転職活動を進めておくと良いでしょう。

無料で利用できる転職エージェントを使うと、働きながら転職活動を効率的に進めることができますよ。

一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事では、「覚えが悪くて上司に怒られる人の特徴」「仕事が覚えられない…いつも怒られる人の3つの対処法」などを紹介しました。

最後にもう一度、内容を復習しましょう。

✅仕事を覚えられないことで上司に怒られる人の3つの特徴

同じミスを繰り返す
質問をしないでミスをしてしまう
メモを取らない

✅仕事を覚えられない…!いつも上司に怒られる時の対処法

メモを取って何度も復習する
わからないことを放置しない
開き直る

仕事をなかなか覚えられないときは、まずは覚える努力をすることが重要です。

しかし、仕事に適性がない場合は、努力をしても仕事を覚えることができないでしょう。

また、仕事を覚えられないのは、あなたの責任ではなく、上司の教育の仕方が悪いだけの可能性もあります。

「仕事に適性がない場合」「上司の教え方が悪い場合」は、転職して環境を変えた方がよいでしょう。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告