上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法5選【嫉妬は無駄です】

職場で上司のえこひいきにストレスを感じていませんか?

会社で上司から正当な評価をしてもらえないと、 毎日の仕事のモチベーションが下がりますよね。

自分のことを正当に評価してもらえないと、上司に好かれる努力をしようと考えるかもしれません。

しかし、上司に好かれようとする努力は「時間の無駄」です。

なぜなら、好かれる努力をするくらいならば、物理的な距離を置いた方が良いからです。

この記事を読むと、職場で上司のえこひいきにストレスを感じなくなりますよ!ぜひ最後まで読んでくださいね。

✅本記事の内容

・上司に”えこひいき”されやすい部下の3つの特徴
・上司が特定の部下をえこひいきする心理
・上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法5選




上司に”えこひいき”されやすい部下の特徴

出典:https://www.photo-ac.com

まずは、上司に”えこひいいき”されやすい部下の特徴を、見ていきましょう。

えこひいきされやすい部下の特徴は、以下の3つです。

✅上司に”えこひいいき”されやすい部下の特徴

愛嬌がある
容姿が良い
コネ入社の社員

あなたの周りで”えこひいきされている部下”には、上記のような特徴はありませんか?

それでは、上司に”えこひいき”されやすい部下の特徴を、1つずつ詳しく解説していきます。

①愛嬌がある

1つ目の特徴は「愛嬌がある」です。

男女問わず笑顔の耐えない愛嬌のある人が、上司から可愛がられるのです。

上司は笑顔で愛嬌がある人に好印象を抱き、無意識のうちにえこひいきをしてしまうのでしょう。

その一方、常に無表情で感情が薄いタイプの部下は、どれだけ仕事で結果を出しても、えこひいきしてもらえることは少ないです。

②容姿が良い

2つ目に紹介する特徴は「容姿が良い」です。

上司からえこひいきされる部下は、女性ならば若くて美人、もしくは男性ならばイケメンの場合でしょう。

とくに、異性の上司の場合は、えこひいきが起こりやすいでしょう。

異性としての魅力がある部下に、気に入られたいと考える上司は一定数います。自分の年齢や立場をわきまえてほしいですよね。

③コネ入社の社員

最後に紹介する特徴は「コネ入社の社員」です。

コネ入社の社員は、普通の入社した社員と比べて、えこひいきされやすい傾向にあるでしょう。

  • 会社役員の身内
  • 社長の愛人
  • 社外の人脈で入社した人

上記のような経緯で、コネ入社してきた場合は、仕事の振られる量から給料の額まで違うということもあります。

コネ入社の社員をあからさまに”えこひいいきする”のは、理不尽で仕事を頑張る気力がなくなりますよね。

上司が特定の部下をえこひいきする心理

出典:https://pixabay.com

なぜ、上司は特定の部下をえこひいきするのでしょうか?

ここからは、上司が特定の部下をえこひいきする心理を紹介していきます。

上司がえこひいきする心理を理解して、上手くストレスを解消できるようにしましょう。

えこひいきする心理は、以下の3つです。

✅上司がえこひいきする心理

仕事とプライベートを混在している
イエスマンが欲しい
恋愛感情がある

それでは、上司が特定の部下をえこひいきする心理を、1つずつ丁寧に解説していきます。

①仕事とプライベートを混同している

1つ目に紹介する心理は「仕事とプライベートを混在している」です。

仕事とプライベートを分けて考えることができないのは、えこひいき上司に多い特徴です。

上司は部下と共通の趣味や、話題があると自然に仲間意識が芽生えて、えこひいきしてしまうのでしょう。

たとえば、上司がサッカーが好きならば、気に入られる部下は元サッカー部の人だったりします。

仕事とプライベートは切り離して考えるべきですが、感情で動いてしまうタイプの上司はプライベートを仕事と混同してしまうのです。

②自分の味方をしてくれる人に甘くなっている

2つ目に紹介する心理は「自分の味方をしてくれる人に甘くなっている」です。

上司が特定の部下をえこひいきするのは、自分の味方をしてくれるイエスマンが欲しいからでしょう。

自己肯定感が低い上司は、いつも味方をしてくれる部下に持ち上げてもらうことで、自尊心を保っているのです。

人間は、「自分の味方にはつい甘くなってしまう」ものです。

③恋愛感情がある

3つ目に紹介する心理は「恋愛感情がある」です。

上司がえこひいきするのは、異性の部下に対して恋愛感情があるからかもしれません。

日本法規情報株式会社のアンケート調査によると、職場恋愛の経験者は44%おり、職場恋愛で結婚した人は24%もいます。(参考元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000164.000006827.html)

そのため、職場に恋愛感情を持ち込む上司も、少なくないでしょう。

「この部下と仲良くしておけば、ワンチャン付き合えるかも」という心理から、えこひいきをしてしまうのです。

職場に個人的な恋愛感情を持ちこまないで欲しいですよね。

ストレスがあっても”えこひいきする上司”に好かれる必要なし

出典:https://pixabay.com

職場に”えこひいいき”している上司がいると、好かれようと努力しようか迷うかもしれません。

しかし、ストレスを感じていても、”えこひいきする上司”に好かれる努力をする必要はありません。

なぜなら、上司から”えこひいいきされる側”になると、今度はあなたが同僚から恨まれることになるからです。

それでは、上司のえこひいきにストレスを感じた時は、どうすれば良いのでしょうか?

ここからは、上司にえこひいきにストレスを感じた時の対処法を、紹介していきます。

上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法5選

出典:https://pixabay.com

今回紹介する「上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法」は、以下の5つです。

✅上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法5選

より上の上司に相談する
結果で見返す
えこひいきは絶対起きるものだと「諦める」
異動を希望する
転職する

それでは、「上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法」を、一つひとつ丁寧に解説していきます。

上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法①より上司に相談

出典:https://unsplash.com/photos/TTPMpLl_2lc

最初に紹介する対処法は「より上の上司に相談する」です。

上司のえこひいきによって、仕事のモチベーションが保てなくなってしまった場合は、上司の上司に相談してみてください。

相談する際は、「上司が○○さんに、こんなえこひいきをしています」と具体的な例を挙げると良いでしょう。

えこひいきによって、どんなに自分が嫌な思いをしているか、仕事がうまく回っていない状況を説明するのです。

より上の上司は、個人的な人間関係のいざこざには積極的に関わろうとはしないでしょう。

しかし、部下の仕事が上手くいかない場合は、役職者として何かしらの手を打たなければなりません。

そのため、何かしらの対策をしてくれるでしょう。

上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法②結果で見返す

出典:https://pixabay.com

2つ目に紹介する対処法は「結果で見返す」です。

圧倒的な成果を仕事で出すことができれば、えこひいきが酷い上司でも、あなたを評価せざるを得ないでしょう。

なかには、成果を出しても、全く評価をしてくれない上司もいるかもしれません。

しかし、あなたが今の仕事で成果を出すことは、将来的には大きくプラスになります。

あなたがその上司と一緒に働く期間は数年ですが、仕事は何これから十年も続くのです。

将来のことを見据えて、一旦えこひいいきのことは考えずに、スキルアップにつながる仕事に尽力してみてはいかがでしょうか。

しかし、あなたの仕事がスキルアップにつながるものでないならば、適当に仕事をするのも1つの手ですね。

適当に仕事をする場合は、あまった体力で副業などをして、スキルになる仕事を何かしら始めてみると良いしょう。

上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法③諦める

出典:https://unsplash.com/photos/YodH2WzN6YU

3つ目の対処法は、上司のえこひいきは絶対起きるものだと「諦める」です。

人間は、みんな必ず好き嫌いの感情を持っています。あなたにも人に対する好き嫌いの感情はあるでしょう。

好き嫌いの感情は無意識のうちに、表に出てしまうものです。

上司がえこひいきをするのは当たり前のことだと考え、えこひいきする上司がえこひいきしない人に変わることを諦めましょう。

また、特定の部下をえこひいきする上司のために、ストレスを溜めるのは「時間の無駄」です。

あなたがどんなに上司を変えようとしても、他人をコントロールすることはできません。

そのため、えこひいきは絶対起きるものだと、割り切って考えましょう。

しかし、どうしてもストレスに耐えきれないときは、いまの環境を変えるしかありません。

上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法④異動を希望する

出典:https://pixabay.com

4つ目の対処法は「異動を希望する」です。

えこひいいきをする上司とどうしても関わりたくない時は、物理的な距離を置くしかないでしょう。

もし、あなたの会社に人事面談などがあれば、異動を強く申し出てみましょう。

異動を希望するときには「上司のえこひいきがストレスだから異動したい!」と正直に理由を話てはいけません。

できるだけポジティブな理由を伝えましょう。

例えば、「〇〇の業務をやりたい!」などと、やりたい仕事をアピールすると良いですね!

しかし、異動を希望しても、会社によっては中々聞き入れてもらえないこともあるでしょう。

そのような場合は、そもそも会社自体を変えることを、検討した方が良いかもしれません。

上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法⑤転職する

出典:https://pixabay.com

最後に紹介する方法は「転職する」です。

ここまでに紹介した対処法は、あくまで現在の”会社内で”できる対処法でした。

しかし、あなたの現在の状況によっては、ここまでに紹介した対処法が使えないこともあるでしょう。

社内で対策が打てない場合は、職場を変えるしか手段はありません。

職場を変えてしまえば、えこひいいきをしてくる理不尽な上司から逃げることができるでしょう。

また、上司のえこひいきにストレスを抱え続けるならば、職場を変えて正当に評価してもらった方が良いですよね。

今の職場で、一生評価されないまま無駄に労働し続けるよりは、転職の可能性を考えておいた方が柔軟に将来設計できるでしょう。

転職活動を始める際には、転職の”プロ”に相談するとことをオススメします。

上司のえこひいきで消耗する前に”プロ”に相談しよう!

転職活動を始める際には、プロの力を借りて、効率よく転職活動をすると良いでしょう。

転職エージェントでプロのサポートを受けることで、在職中の場合でも効率よく転職活動を進めることができますよ。

転職エージェントを使うと、転職活動を0からサポートしてくれるので、初めて転職活動をする場合でも安心です!

無料で転職エージェントに相談することができるので、この機会に利用を検討しても良いかもしれません。

上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法:まとめ

出典:https://pixabay.com

本記事では、「上司が特定の部下をえこひいきする心理」や「上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法5選」などを紹介しました。

えこひいきをする上司からのストレスを減らすために、最後にもう一度対処法をおさらいしましょう。

✅上司のえこひいきにストレスを感じた時の対処法5選

より上の上司に相談する
結果で見返す
えこひいきは絶対起きるものだと「諦める」
異動を希望する
転職する

上司に好かれようとする努力は、時間の無駄です。

好かれる努力をするくらいならば、環境をかえるなどして、物理的な距離を置いた方が良いでしょう。

まずは、「社内でできる対処法」を試してみてください。

それでも解決しないときや、ストレスにどうしても我慢できないときは、転職をするしかありません。

転職活動をする際には、プロの力を借りて効率よく転職活動を進めていくと良いでしょう。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告