【悪用禁止】職場いじめに仕返しする方法3選!頭を使えば勝てます!

出典:https://www.photo-ac.com

職場いじめに仕返しをしたい!賢い仕返し方法を知りたい!」と考えていませんか?

職場いじめに仕返しをしないと、ストレスが溜まり、どんどんエスカレートしないか不安になりますよね。

しかし、仕返し方法を間違えると立場が逆転し、あなたが加害者のように扱われてしまう可能性があります。

この記事では、頭を使った仕返し方法を紹介しているので、リスクなしで仕返しすることができますよ。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

✅本記事の内容

  • 仕返しをした場合に生じる3つのリスク
  • 職場いじめに仕返しする方法3選
  • いじめの証拠を残す方法




職場いじめに仕返しをした場合に生じる”3つのリスク”!

出典:https://unsplash.com/photos/VO5w2Ida70s

職場いじめは、加害者が悪いことは事実です。

しかし、仕返しのやり方を間違えると、あなたが逆に悪者になってしまう可能性もあります。

そのため、まずは職場いじめに仕返した場合に生じるリスクを、覚えておきましょう。

仕返しをした場合に生じるリスクは、以下の3つです。

✅仕返しをした場合に生じる3つのリスク

職場いじめがさらにエスカレートするリスク
周囲からの信頼を失うリスク
犯罪行為になるリスク

①職場いじめがエスカレートするリスク

1つ目は『職場いじめがエスカレートするリスク』があることです。

あなたが勇気を出して歯向かえば、いじめがおさまる可能性もあります。

しかし、いじめが更に悪化する危険性もありますよね。

私も過去に加害者に対して、口答えをしたことがありますが、いじめがさらに酷くなりました。

いじめ加害者は、あなたのことを見下しているので、反抗されるとイラっとくるのかもしれません。

中途半端に仕返しをすると、いじめが現在よりさらに酷くなる危険性があります。

そのため、中途半端な仕返しをしてはいけません。

②周囲からの信頼を失うリスク

出典:https://www.photo-ac.com

2つ目は『周囲からの信頼を失うリスク』があることです。

あなたは被害者なので、仕返しをするのは正当防衛かもしれません。

しかし、会社の第三者は、いじめの事実を知らない可能性もありますよね。

そのため、あなたが逆に加害者だと思われてしまうこともあるでしょう。

また、加害者にあなたの悪い評判や、変な噂を流されてしまう危険性もありますよね。

仕返しをすると、”周囲からの信頼を失ってしまう危険性がある”ことを、しっかりと覚えておいてください。

③犯罪行為になるリスク

3つ目は『犯罪行為になるリスク』があることです。

あなたは加害者に対して、日々ストレスを抱えているので、仕返しのときに感情のコントロールが効かない可能性があります。

たとえば、以下のような行為をしてしまうと、犯罪になりますよ。

【暴力を振るう】
→ 暴行罪(刑法208条)
”暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。”

【暴力で相手に怪我をさせたら】
→ 傷害罪(刑法204条)
人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

【物を壊す】 → 器物損壊罪(刑法261条)
”前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。”

(刑法条文の引用元:https://elaws.e-gov.go.jp/document?law_unique_id=140AC0000000045#877)

あなたが被害者だったとしても、犯罪行為をすると、立場が逆転してしまいます。

仕返しをやりすぎてしまうと、逮捕される危険性もあるので気をつけてくださいね。

しかし、相手への怒りの感情を押さえるのは、難しいですよね。

これから、「相手へ直接仕返をしたい気持ち」を押さえる方法を紹介します。

職場いじめに直接的に仕返しをしたい感情を抑えるためには

出典:https://pixabay.com/

直接的に仕返しをしたい感情を押さえるためには、相手を心の中で見下すと良いですよ。

ハッキリ言います!職場いじめをしてくる人は”頭が悪い”です。

職場では良好な人間関係を築いた方が、絶対に幸福度が高いですよね。

それにもかかわらず、いじめであなたを傷つけるのは、どう考えても知能が低いです。

知能が低い人間に、感情的になっても、時間のムダですよね。頭が良くない相手には、頭を使って勝ちましょう!

これから、頭を使って職場いじめに仕返しする方法を、紹介していきます。

職場いじめに仕返しする方法3選!頭を使えば勝てます!

出典:https://www.photo-ac.com

リスクが少ない仕返し方法は、頭を使って勝つことです。

”頭を使って勝つ”とはいえ、裁判をするのは費用や時間がかかるので、あまり現実的ではないですよね。

そのため、裁判をせずに仕返しをする方法を紹介していきます。

今回紹介する『職場いじめに仕返しする方法』は、以下の3つです。

✅職場いじめに仕返しする方法3選

裁判を起こす”フリ”をする
相手より立場が上の上司に相談する
警察に被害届を出す

職場いじめに仕返しする方法①裁判を起こす”フリ”をする

出典:https://unsplash.com/photos/veNb0DDegzE

最初に紹介する仕返し方法は『裁判を起こす”フリ”』をするです。

実際に裁判を起こすのは、費用と時間がかかるので、現実的ではないでしょう。

そのため、裁判を起こす”フリ”をしてください。

加害者にも会社内での立場があるので、裁判を起こされるのは嫌がるでしょう。

「いじめ行為を辞めてくれなのであれば、”裁判を起こします”」

上記の言葉をいうと、相手がビビっていじめがおさまる可能性があります。

加害者は、まさか訴訟されるとは考えていないでしょう。そのため、裁判を起こす”フリ”は非常に有効です。

ちなみに、いじめ行為は以下の罪に問われる可能性があります。知識として押さえておきましょう。

・人格を否定される発言をされた場合
→ 名誉棄損罪(刑法第230条)

・公然と評価を下げる発言をされた場合
→ 侮辱罪(刑法第231条)

・恐喝された場合
→ 脅迫罪(刑法第222条)

上記の法律を出して、「あなたを訴えます」と言えば、加害者は高確率でいじめを辞めるでしょう。

職場いじめに仕返しする方法②相手より立場が上の上司に相談する

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2379944/

2つ目に紹介する方法は『相手より立場が上の上司に相談する』です。

裁判を起こす”フリ”をしても、相手が全くいじめをやめなかったら、第三者に相談するしかありません。

加害者より立場が上の上司に相談すれば、加害者の社内での評価を落とすことができるので、仕返しとしては有効。

様々なハラスメントが問題視されている現代ならば、あなたの悩みを真剣に聞いてくれるかもしれません。

しかし、話を聞いてもらっただけでは、職場いじめを根本的に解決するのは難しいでしょう。

上司に相談するか迷っている方は、以下の記事をどうぞ。

ぶっちゃけ、警察に被害届を出して、大事(おおごと)にした方が有効な仕返しになるかもです。

職場いじめに仕返しする方法③警察に被害届を出す

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/34566/

3つ目に紹介する方法は、『警察に被害届を出す』です。

社内で職場いじめを解決できないときは、警察に被害届を出すと良いでしょう。

警察に被害届を出す仕返しは、加害者にかなりダメージを与えることができるので、非常に有効です。

職場いじめは、先ほど紹介したように名誉棄損や侮辱罪、脅迫罪など様々な罪に該当する可能性があります。

警察に被害届を出すためにも、必ずいじめの証拠を残しておいてください。

職場いじめの証拠の残し方

証拠を残しすときは、音声データを残すか、被害記録のメモをとっておくと良いでしょう。

音声データを残す際には、ICレコーダーやスマートフォンの録音機能を使ってください。

音声データを残すのが難しいときは、被害記録のメモをとっておきましょう。

メモを取る際は、以下の内容を書いておいてください。

  • いつ
  • どこで
  • 誰から
  • 何をされたか(職場いじめの内容)

警察に相談をしても、証拠がないと取り合ってもらない可能性があります。そのため、証拠を必ず残しておきましょう。

証拠を残しておけば、仮に裁判を起こすことになったときでも、使うことができますからね。

しかし、証拠を残すのは、手間がかかります。

職場いじめの仕返しで、「警察を動かすのは申し訳ない。」と思いませんか?

職場いじめに仕返しをするのは時間のムダになる可能性も

出典:https://unsplash.com/photos/mId2gG0a9GU

頭を使って仕返しをする方法は、時間と労力をかなり使います。

いじめをしてくる知能が低い人間に、時間や労力を使うのは、”もったいない”です。

また、仮にいじめの問題が解決しても、職場に居づらくなりますよね。

そもそも、様々なハラスメントが問題視されている現代で、いじめが起こる職場はまともではないでしょう。

私も過去に職場いじめを受けていたことがありますが、退職して初めて、前職の職場の異常さに気づきました。

職場いじめは、環境を変えれば解決します。

仕返しするよりも、環境を変えた方が、時間や労力をムダにしなくてすむでしょう。

職場いじめがあるような異常な会社は、早めに退職した方が良いかもしれませんね。

職場いじめに効果的に仕返しする方法:まとめ

出典:https://unsplash.com/photos/11B4psexgj0

本記事では、「職場いじめに仕返しする方法3選」と、「仕返しをした場合に生じる3つのリスク」について紹介しました。

頭を使って職場いじめに勝つために、仕返し方法をもう一度おさらいしましょう。

✅職場いじめに仕返しする方法3選

裁判を起こす”フリ”をする
相手より立場が上の上司に相談する
警察に被害届を出す

職場いじめに直接的な仕返しをすると立場が逆転し、あなたが悪者になってしまうリスクがあります。そのため、仕返しをするときは、頭を使って行動しましょう。

また、仕返しには”時間と労力”がかかります。

いじめ加害者のために、人生の貴重な時間を使うのはもったいないでしょう。

ハラスメントが問題視されている現代で、職場いじめがある会社は異常です。

早めに退職して逃げないと、ストレスが限界になってしまうかもしれません。

ストレスが限界になって、うつ病などの精神疾患になっても、会社は一切責任をとってくれないですよ。

職場いじめから今すぐに逃げるためには

出典:https://pixabay.com

いじめがある職場からすぐに逃げ出したいとしても、退職を伝えるのは本当に気まずいですよね。

また、退職を伝えてもすぐに退職できるわけではありません。

退職を伝えた後も、ある程度の期間は職場いじめに耐えなければならないでしょう。

しかし、退職代行サービスを使うと、今すぐに退職することができます。

あなたの代わりに退職代行業者が退職を伝えてくれるので、もう職場の人間に会わなくてすみますよ。

100%の成功率を誇るサービスもあるので、利用を検討してみても良いかもしれません。

興味がある方は、以下の記事もどうぞ!

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告