試用期間の退職は転職で不利?【短期離職経験者が厳しい現実を教える】

出典:https://www.photo-ac.com

試用期間で退職すると、転職活動で不利になるか知りたい方はいませんか?

試用期間中に退職したいと思っても、退職した後のことを考えると、なかなか踏み切れないですよね。

私は過去に試用期間中に退職した経験がありますが、転職活動では実際かなり不利になりました。

この記事を読むと、転職活動が本当に不利になるのかわかりますよ。是非最後まで読んでくださいね。

本記事の内容

・試用期間の退職は不利になる3つの理由
・短期離職が不利にならない場合
・試用期間中に退職を伝える方法
・転職先を見つける方法




試用期間中に退職したいと思う3つの理由【転職が不利に?】

出典:https://www.pakutaso.com/20190850233post-22771.html

試用期間中に退職すると、転職で不利になる可能性があるとわかっていても、仕事がどうしても辛いときは辞めたいですよね。

まずは、試用期間中に退職したいと考える理由を紹介していきます。主な理由は以下の3つです。

試用期間中に退職したいと考える理由

指導係の上司の人間性に問題がある
入社前に提示されていた労働条件と違う
想像していた仕事内容と違った

ここから、試用期間中に退職したいと考える理由を、一つずつ詳しく解説していきます。

①指導係の上司の人間性に問題がある

最初の理由は、「指導係の上司の人間性に問題がある」です。

新人は指導係を選べないので、人間性に問題がある上司が指導係になると、辞めたくなりますよね。

・教え方が下手な上司
・横暴な態度をとってくる上司
 
上記のような上司が指導係だと、精神的に辛いですよね。

しかし、時間が経てば、上司と打ち解けることができるかもしれません。精神病になりそうなとき以外は、もう少し我慢しても良いでしょう。

②入社前に提示された労働条件と全然違う

2つ目に紹介する理由は、「入社前に提示されていた労働条件と全然違う」です。

実際に入社してみると、入社前の求人で提示された労働条件と全然違うことがあります。

・残業時間が長い
・給料金額が安い
 

労働条件があまりにも悪い職場に入ってしまった方は、環境を変えることを視野に入れた方が良いです。

新人社員の権力で、職場の労働条件を変えるというのは、現実的ではないでしょう。

③想像していた仕事と違った

3つ目の理由は「想像していた仕事と違った」です。

入社前に仕事内容をいくら調べていても、実際に入社すると、仕事内容が全然違うことがありますよね。

仕事が想像していたものと違うと、仕事に向いていないと感じて、退職したくなります。

しかし、試用期間中に仕事が向いていないと判断するのは、早いでしょう。仕事を続けているうちに、慣れてくるかもしれません。

ただ、仕事があまりにも向いていないときは、別です。

・人見知りなのに営業
・パソコン音痴なのにエンジニア

上記のように、仕事に明らかに合っていない場合は、退職も視野に入れた方が良いでしょう。

試用期間の退職は転職で不利になる3つの理由

出典:https://unsplash.com/photos/KdeqA3aTnBY

試用期間中に退職してしまうと、その後の転職活動に影響があるのか気になりますよね。

結論からいうと、転職活動でかなり不利になります。

私は、試用期間中に退職して、その後再就職できましたが、実際不利になっていると感じることがありました。

不利になる3つの理由をこれから解説していきます。

試用期間の退職は転職で不利になる3つの理由

試用期間中の退職は短期離職になるため
忍耐力がない人と思われるため
職場に馴染めない人だと思われるため

それでは、試用期間の退職は転職で不利になる理由を、1つひとつ詳しく解説していきます。

転職で不利になる理由①試用期間の退職は短期離職になるため

出典:https://www.pakutaso.com/20190504127post-20754.html

最初に紹介する転職で不利になる理由は、「試用期間の退職は短期離職になるから」です。

試用期間は入社してから、1~3ヵ月間設けられているでしょう。

転職活動の際に、1~3ヵ月間で退職した人は、短期離職者として扱われてしまいます。

短期離職者として扱われてしまうと、転職活動の際に書類選考の時点で落とされてしまう可能性が高くなるでしょう。

私は、実際に書類選考の時点で、数社落とされてしまった経験があります。

転職で不利になる理由②忍耐力がない人と思われるため

出典:https://unsplash.com/photos/Kz8nHVg_tGI

2つ目に紹介する理由は「忍耐力がない人と思われるため」です。

日本には、3年仕事を続けて一人前という謎の文化があります。そのため、短期離職者は、忍耐力がない人と面接官に思われてしまうでしょう。

私は実際、転職活動の面接で以下のことを言われたことがあります。

・うちの会社に入ってもすぐ辞めちゃうんじゃないの?
・試用期間で退職するとか根性ないね
 

転職先の企業は、あなたの真の性格を面接では判断することができません。
 
そのため、前職の働いていた期間のみで、あなたを判断することになります。
 

転職で不利になる理由③職場に馴染めない人と思われる

出典:https://unsplash.com/photos/faEfWCdOKIg

3つ目に紹介する理由は、「職場に馴染めない人だと思われる」からです。

あなたを採用することによって、社内で面倒な人間関係トラブルが発生すると、面接官に思われてしまうことがあります。

・誰かと揉めてやめたのか…?
・溶け込めなかくてやめたのか…?
 

人事の人は、短期離職者に対して上記のような印象を抱いてしまいます。

試用期間中の退職でもそこまで不利にならない場合もある

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/20-34092/

ここまで、試用期間中の退職は「不利になる」という話をしてきましたが、退職理由によっては、不利にならない場合もあります。

例えば、「労働条件が全く違っていた」「残業が多すぎるブラック企業だった」ような場合は、転職活動で不利にならないこともあります。

・正社員で入社したはずなのに、契約社員にされた
・残業が月間45時間を超えていた(時間外労働の上限)
・サービス残業だらけだった

上記のような場合は、転職活動で不利にならないこともあります。

しかし、「どんな理由があっても、短期離職する人は根性がない」と考える企業もあるので、注意が必要です。

試用期間の退職は履歴書に書くべきか

出典:https://www.pakutaso.com/20200640171post-28931.html

試用期間中に退職した場合、短期離職した事実を履歴書に書こうか迷いますよね。

できれば隠蔽したいと考えている人もいるでしょう。

しかし、短期離職した事実を履歴書に書かないと、経歴詐称になってしまう可能性があるので、隠蔽しない方が良いです。

転職先で経歴詐称がバレると、転職先で「懲戒解雇」になってしまい、また退職することになってしまいますよ。

不利になりにくい!試用期間中の退職を上手く説明する方法

出典:https://www.pakutaso.com/20200526122post-27222.html

転職活動の面接退職理由を質問された際には、できるだけ”ポジティブ”な理由を答えるようにしましょう。

面接で前の会社の悪口を言ってしまうと、「うちの会社に入社してもすぐに不満を言って辞めるのかな」と思われてしまいます。

ネガティブな退職理由を言うと、当然不利になるので、可能な限りポジティブな言い方に変換する必要があります。

それでは、仕事が合わなくて退職した場合を一例に、退職理由をポジティブな言い方に変換してみましょう。

仕事が合わなくて退職した場合

悪い回答例
仕事が合わなくて辛かったので、退職しました。

良い回答例
前職では、○○という点が合わなくて退職してしまいました。
安易な気持ちで仕事を選んでしまったことを、非常に反省しています。
反省を活かして、御社では自分の本当にやりたいことをしたいと思います!

 

上記のように、前職の反省点を伝えた上で、新しい会社では「本当にやりたいことができる」と伝えると良いですよ。
 

転職活動の際には、「退職理由をポジティブな言い方に変換する」ということを覚えておいてくださいね。

試用期間中に退職を伝える方法

出典:https://www.pakutaso.com/20160307090post-7435.html

退職を伝えるのが気まずくて、メールなどで退職を伝えたい気持ちもわかりますが、基本的には、直接上司へ言った方が良いでしょう。

試用期間中は上司と信頼関係ができていないので、メールや電話で退職を伝えても、退職させて貰えない可能性があります。

会社側は、あなたを採用するためにかけたコストと時間が無駄になってしまうので、退職を確実に引き止めてきます。

もし、上司に退職を伝えるのが気まずい場合は、退職代行サービスを使ってみるのも1つの手段ですよ。

試用期間で退職した後の転職先を見つけたい人は

出典:https://unsplash.com/photos/gnxb59lGU1M

ここまで、試用期間中の退職は、転職活動で不利になるという話をさせて頂きました。

安心して今の会社を退職するには、すぐに転職活動をスタートすることをオススメします。

試用期間中の退職は、転職活動に不利になるので、転職エージェントにサポートしてもらうと良いですよ。

無料で利用することができるので、転職エージェントを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告