リスクなし!少人数の職場で仕事を辞めづらい人が円満退職する方法

出典:https://www.photo-ac.com/

「少人数の職場で働いていて仕事を辞めづらい…」と悩んではいませんか?

少人数の職場では、一人あたりの仕事の範囲が広いので、退職すると職場に迷惑をかけてしまうのではないかと不安になりますよね。

この記事を読むと、少人数の職場をスムーズに退職する方法がわかりますよ。ぜひ最後まで読んでくださいね。

✅本記事の内容

・少人数の職場をやめる場合の法律に関する話
・退職理由の伝え方について
・少人数の職場で仕事を辞めづらい人がスムーズに退職する3つの方法




少人数の職場で仕事を辞めづらい人も「法律上は自由に退職可能」

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/159832/


少人数の職場で仕事を辞めづらい人は、まず法律上の退職のルールを確認しておくと良いでしょう。

法律上、従業員には「退職の自由」が認められています。

【民法627条1項】当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。(引用元:日本法令索引

退職の自由は、民法627条1項に規定されており、正社員に雇用期間の定めはないので、この法律に該当します。

解約とは雇用契約の解約のことであり、「退職」のことを示しています。

少人数の職場であっても、上記の民法627条1項は当然適用されますので、安心してください。

少人数の職場であっても、法律上は退職の自由が補償されているということを、しっかり覚えておきましょう。

少人数の職場はストレスが溜まりやすい

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1647907/

少人数の職場は、特定の人と顔を合わせている時間が長いため、従業員同士の関係性が深くなりやすいですよね。

従業員の中が良いのはいいことですが、必要以上にプライベートに干渉されるのは、面倒に感じることもあるでしょう。

また、少人数の職場で働いていると、常に人手不足で、ときには長時間労働になることもあります。

少人数の職場は、「人間関係・労働環境」ともに、ストレスが溜まりやすい条件が揃っています。

少人数の職場を辞めづらい人は仕事を辞めた後の心配は不要

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3712597/

・自分が辞めたら職場の仕事が回らなくなるかも…
・退職したら同僚に迷惑かけちゃうよかな…

少人数の職場を辞めると、職場に迷惑をかけてしまうのではないかと、心配になりますよね。

しかし、仕事を辞めた後のことを、気にする必要はありません。なぜなら、人手不足なのは「会社側の責任」だからです。

人件費を節約するために、ギリギリの人数で仕事を回している会社の経営者が悪いのです。

そのため、仕事を辞めることに対して、あなたは罪悪感を感じる必要はありません。

少人数の職場で仕事を辞めづらい時の理由は一身上の都合でOK

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2379944/

少人数の職場で仕事を辞める時には、退職理由を必ず聞かれるでしょう。

退職理由を聞かれたときは、「一身上の都合です」と言っておけば大丈夫です。

退職理由を明確に答えなければいけない法律は、どこにもありません。

・給料が安すぎる
・残業時間が多すぎる

上記のように、職場への不満を退職理由にしてしまうと、「これから改善するから」と言われて、引き止められる可能性が高くなります。

また、下手に職場への不満を口にしてしまうと、退職の際に上司と揉める危険性があります。

そのため、「一身上の都合」という言葉を濁らせた退職理由を使いましょう。

少人数の職場を辞めづらい人がスムーズに仕事を辞める3つの方法

出典:https://www.pakutaso.com/20190703207post-22260.html

ここからは、少人数の職場を辞めづらい人が、スムーズに仕事を辞める方法について解説していきます。

少人数の職場をスムーズに辞める方法は、以下の3つです。

✅少人数の職場をスムーズに辞める3つの方法

早めに退職の意志を伝える
退職の意志は直属の上司に1番に伝える
万全な引継ぎアピールをする

それでは、少人数の職場をスムーズに退職する3つの方法を、1つずつ詳しく解説していきます。

①早めに退職の意志を伝える

最初に紹介する少人数の職場をスムーズに退職する方法は「早めに退職の意志を伝える」です。

少人数の職場では、ギリギリの人員で仕事を回しているので、早めに退職することを伝えた方が良いでしょう。

少人数の職場を辞めた後のことを考える必要はありません。

しかし、あなたが少人数の職場で仕事をしている段階で、急に退職を申し出るとトラブルになる可能性があります。

例えば、「急に退職するなら損害賠償請求をする」などと上司が脅してくる場合もあるでしょう。

実際に損害賠償請求される可能性は限りなく0に近いですが、面倒なトラブルはできるだけ避けたいですよね。

そのため、早めに退職を伝えることをオススメします。

法律上は「2週間前に」退職の意志表示をすれば、退職可能です。

しかし、少人数の職場の場合は、1ヶ月前くらいには退職を伝えておいた方が、トラブルになりにくいでしょう。

②退職は直属の上司に一番に伝える

2つ目のスムーズに退職する方法は、「退職は直属の上司に一番に伝える」です。

上司よりも先に同僚等に退職する話をしてしまうと、上司の心象としても好ましくないでしょう。

少人数の職場ですと、すぐ社内に退職するという噂が流れてしまいますし、あなた自身が上司に切り出しにくくなります。

また、ブラック企業ならば裏切り者扱いをされて、退職日までの出勤が気まずくなりますよね。

面倒なトラブルを避けるためにも、退職は直属の上司に一番に退職の意志を伝えましょう。

③万全な引継ぎをアピールする

3つ目のスムーズに退職する方法は、「万全な引継ぎをアピールする」です。

少人数の職場ですと、あなたの担当している仕事を代わり出来る人がいない場合もありますよね。

退職時に面倒なトラブルを避けるためにも、万全な引継ぎをアピールしてから、退職しましょう。

・引き継ぎに必要な業務の洗い出し
・引き継ぎ相手に仕事を教える
・引継ぎマニュアルの作成

万全な引継ぎをすることで、上司や同僚の不安な気持ちを軽減することができます。

また、少人数の職場ですと、仕事のわからないことを、退職後もあなたに連絡して聞いてくることがあります。

私も以前、少人数の職場を退職したあとに、何回も連絡が来ました。

後腐れなく少人数の職場を退職するためにも、万全な引継ぎをしてから仕事を辞めましょう。

少人数の職場で仕事を辞めづらいときは次を決めておこう

出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/20-34092/

仕事を辞めづらい人は、今のうちに退職した後のことを考えておくと良いでしょう。

早めに次の職場を探しておけば、後は今の職場を退職すれば良いだけなので、気が楽になります。

また、次の職場が既に決まっていれば、今の会社もあなたを引き止めづらくなるでしょう。

さらに、転職活動は、若ければ若いほど有利に働きます。そのため、できるだけ早く転職活動を始めた方が良いでしょう。

転職エージェントを使うと、無料であなたの転職をサポートしてくれるので、転職活動をしやすくなりますよ。

転職活動を何から始めて良いかわからない方は、転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

少人数の職場で円満退職するために、最後にもう1度「少人数の職場をスムーズに退職する3つの方法」をおさらいしましょう。

✅少人数の職場をスムーズに辞める3つの方法

早めに退職の意志を伝える
退職の意志は直属の上司に1番に伝える
万全な引継ぎアピールをする

少人数の職場に勤めていたとしても、「あなたには会社を自由に退職する権利」があります。

人手不足で仕事が回らないのは、「会社側の責任」なので、退職することに罪悪感を感じる必要はありません。

本記事で紹介したスムーズに退職する3つの方法を実践して、少人数の職場で円満退職してくださいね。

少人数の職場でどうしても仕事を辞めづらいときには

出典:https://pixabay.com

・少人数の職場は引き止められる可能性が高い
・少人数の職場は人間関係の距離が近すぎて退職を切り出せない

上記のように、少人数の職場は退職するのは、なかなか難しいですよね。

実際、私も少人数の職場を退職するときは、かなりしつこく引き止められました。

少人数の職場で、退職を切り出すのが難しい方は、退職代行サービスを使うことをオススメします。

退職代行サービスを使えば、もう自分で退職する旨を伝える必要も、同僚と顔を合わせる必要もありません。

100%の退職成功率を誇る退職代行サービスもあるので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告