退職を切り出す勇気が出ないときの対処法5選【弱虫なあなたへ】

出典:https://www.photo-ac.com

退職を切り出す勇気が出ないと悩んではいませんか?

仕事を辞めたいときに、「退職したい」と会社の人に伝えるのは、とても勇気がいることですよね。

この記事を読むと、上手な退職の切り出し方が分かり、上司に退職を伝える勇気が出てきますよ。是非最後まで読んでくださいね。

✅本記事の内容

・退職を切り出す勇気が出ない5つの原因
・退職を切り出すタイミング・手段
・退職を切り出す勇気が出ないときの対処法5選




退職を切り出す勇気が出ない5つの原因

出典:https://pixabay.com/ja/photos/

まずは、退職を切り出す勇気が出ない原因について解説していきます。退職を切り出せない原因は、以下の5つです。

退職を切り出す勇気が出ない原因

引き止められるのが面倒
退職理由を聞かれるのが億劫
職場に迷惑をかけたくない
再就職が不安
退職の決意が固まらない

それでは、退職を切り出す勇気が出ない5つの原因を、1つずつ解説していきます。

原因別の解決策も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

退職を切り出す勇気が出ない原因①引き止められるのが面倒

出典:https://pixabay.com/ja/photos/

最初に紹介する退職を切り出す勇気が出ない原因は、「引き止められるのが面倒」だからです。

退職を上司に切り出すと、高確率で引き止められるでしょう。上司に引き止められて、色々揉めたりするのは面倒ですよね。

会社側は、あなたの代わりに誰かを新しく採用するのは、コストや時間がかかるので、当然引き止めてきます。

しかし、退職の意思が固いことをしっかりと伝えれば、会社側は納得してくれます。

会社側に退職を引き止める権利はありません。

退職を切り出す勇気が出ない原因②退職理由を聞かれるのが億劫

出典:https://unsplash.com/photos/m0oSTE_MjsI

2つ目に紹介する退職を切り出す勇気が出ない原因は、「退職理由を聞かれるのが億劫」だからです。

例えば、上司が嫌いだったり、人間関係が嫌だったりするのが原因で仕事を辞めたい場合は、退職理由を言いづらいですよね。

特に、退職理由を伝える相手が嫌いで退職したい場合は、とても本当の理由を言えないです。

しかし、退職理由は「一身上の都合」と伝えれば問題ありません。退職理由を無理に答える必要はないので、安心してくださいね。

退職を切り出す勇気が出ない原因③職場に迷惑をかけたくない

出典:https://unsplash.com/photos/wawEfYdpkag

3つ目に紹介する退職を切り出す勇気が出ない原因は「職場に迷惑をかけたくない」からです。

特に人手不足の会社で働いていたり、今まで会社に教育をして貰ったりしたことを考えると、迷惑をかけたくないですよね。

しかし、職場に迷惑をかけることは、あまり考えなくても良いでしょう。なぜなら、あなたは会社の歯車だからです。

例え、あなたが退職して経営が上手くいかなくなったとしても、それは会社側の責任です。一社員が無理に責任感を持つ必要はありません。

退職を切り出す勇気が出ない原因④将来が不安

出典:https://unsplash.com/photos/LCJ9iOli-uE

4つ目に紹介する退職を切り出す勇気が出ない原因は、「将来が不安」だからです。

正社員は安定しているので、その安定を中々捨てられないですよね。

しかし、将来に対して不安を持つ必要はありません。なぜなら、日本国民には「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」があるからです。

どうしても、仕事が見つからない時は、生活保護を受ければ、生きていくことはできます。

常に最悪のケースを想定しておくと、勇気が出てきますよ。

また、若ければすぐに再就職できます。私は、20代前半で3回短期離職した経験がありますが、いずれも再就職できました。

退職を切り出す勇気が出ない原因⑤退職の決意が固まらない

出典:https://unsplash.com/photos/qbTC7ZwJB64

5つ目に紹介する退職を切り出す勇気が出ない原因は、「退職の決意が固まらない」からです。

「仕事を辞めようか」と毎日悩んでしまうのであれば、まだ退職しない方が良いかもしれません。

中途半端な気持ちで退職を切り出すと、上司に引き止められて、結局仕事をダラダラと続けてしまいます。

退職の決意が固まらない時には、社外の第三者に相談すると良いでしょう。

社外の人に相談すると、自分を客観視することができますよ。

退職を上司に切り出すタイミング

出典:https://unsplash.com/photos/iuLMNZkXsSw

退職を上司に切り出すタイミングを見つけるのは、難しいですよね。

ここからは、退職を上司に切り出すベストな3つのタイミングを紹介していきます。

退職を上司に切り出すのに、ベストなタイミングは以下の3つです。

✅切り出すのにベストなタイミング

昼休み
始業時間前
休日前日の退勤する前

①昼休み

昼休みに食事へ行く仲の良い上司がいれば、二人で食事に行った際に相談するという形で切り出すと良いでしょう。

まずは親しい上司に納得してもらってから、さらに上の上司に伝えると良いですよ。

もしかしたら、あなたの代わりにさらに上の上司に代わりに伝えてくれるかもしれません。

②始業時間前

勤務中は忙しくてゆっくり相談できないので、始業時間前にいつもより早めに会社に行って、退職を切り出すと良いでしょう。

始業時間前は周りに人が少ないので、退職を切り出しやすいですよ。

③休日前日の退勤する直前

上司の時間に余裕があるときに切り出した方が良いですが、もし上司が憤慨してきたら、顔を合わすのが気まずいですよね。

休日前日の退勤する直前に、退職を切り出すと、休日の間に一旦冷静になれるので、上司は退職を認めてくれるかもしれません。

また、あなたも休日にゆっくりと、仕事を本当に退職するか考えることができますよ。

退職を上司に切り出す手段は直接がいい?電話やメールもあり!

退職を切り出すときに、上司に直接会って話す必要はありません。伝える手段は、電話でもメールでも大丈夫です。

退職を切り出すのが気まずい人は、メールを使うと良いですよ。

メールならば、緊張していてもじっくりと考えて文章を打つことができます。

もし、メールを送った後に、上司と直接会って話すことになったとしても、事前にメールで退職の意思を伝えておけば、話が早いでしょう。

退職を切り出す勇気が出ない時の対処法5選

出典:https://unsplash.com/photos/1K9T5YiZ2WU

ここからは、退職を切り出す勇気が出ない時の対処法を紹介していきます。退職を切り出す勇気を持つ方法は、以下の5つです。

退職を切り出す勇気が出ない時の対処法5選

タイミングを見極める
味方を見つける
罪悪感を振り切る
台本を作っておく
退職代行を使う

それでは、退職を切り出す勇気を持つ方法を、1つずつ丁寧に解説していきます。

退職を切り出す勇気が出ない時の対処法①タイミングを見極める

出典:https://pixabay.com/ja/photos/

最初に紹介する退職を切り出す勇気出ない時の対処法は、「タイミングを見極める」です。

タイミングが悪いときに上司へ退職の話をすると、まともに話を聞いてもらえない可能性があります。

例えば、大きなミスをした当日に退職を切り出すのは、切り出す側のあなたも気まずいですし、退職を伝えられる上司は迷惑でしょう。

そのため、閑散期などの精神的負担が軽い時期を狙って話す方が、お互いに精神的負担が軽くなります、

退職を切り出す勇気が出ない時の対処法②味方を見つける

出典:https://pixabay.com/

2つ目に紹介する退職を切り出す勇気出ない時の対処法は「味方を見つける」ことです。

他人に相談して、勇気づけてもらうと、退職を切り出しやすくなりますよ。

相談する相手は、あなたの意見をいつも肯定してくれる人が良いでしょう。

いつも肯定してくれる人ならば、退職を後押ししてくれるはずです。

1人で悩みを抱え込まず、信頼できる友人や家族に相談してみましょう。

退職を切り出す勇気が出ない時の対処法③罪悪感を振り切る

出典:https://www.pakutaso.com/20191139329post-24396.html

3つ目に紹介する退職を切り出す勇気出ない時の対処法は「罪悪感を振り切る」です。

仕事を辞めると、周りの人に迷惑をかけてしまうため、罪悪感を感じてしまう人も多いでしょう。

しかし、あなたの代わりになる人材はいくらでもいます。そのため、会社を辞めることに罪悪感を感じる必要はありません。

会社のことよりも、自分の将来を大切にしましょう。辞めたい会社にあなたの人生の貴重な時間を奪われ続けるのは、もったいないです。

退職を切り出す勇気が出ない時の対処法④台本を作っておく

出典:https://www.pakutaso.com/202007021972-84.html

4つ目に紹介する退職を切り出す勇気出ない時の対処法は「台本を作っておく」です。

上司に退職を切り出すまでの流れを、全て台本に書いておくと、イメージトレーニングができていいですよ。

台本には、自分のセリフと上司が言うであろうセリフを書いておき、上司の言葉に対して、どういう返答をするかを書いておきましょう

台本を作っても、どうしても勇気が出ないという人は、次に紹介する対処法を参考にしてみてください。

退職を切り出す勇気が出ない時の対処法⑤退職代行を使う

出典:https://unsplash.com/photos/tAnrp8P51tY

最後に紹介する対処法は、「退職代行を使う」です。退職代行サービスを使うと、業者があなたの代わりに、会社へ退職の意思を伝えてくれますよ。

このサービスを利用すれば、退職を切り出す勇気が出ないあなたでも、簡単に退職することができます。

どうしても、退職を切り出せないという方は、退職代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事では、「退職を切り出す勇気が出ないときの対処法5選」と「退職を切り出すタイミングと手段」を紹介しました。

最後にもう一度、復習しておきましょう。

退職を切り出す勇気が出ない原因

引き止められるのが面倒
退職理由を聞かれるのが億劫
職場に迷惑をかけたくない
再就職が不安
退職の決意が固まらない

✅退職を上司に切り出すタイミング

昼休み
始業時間前
休日前日の退勤する前

勇気が出ない時の対処法5選

タイミングを見極める
味方を見つける
罪悪感を振り切る
台本を作っておく
退職代行を使う

退職を切り出す前はかなり緊張しますが、仕事を辞めていまえば、もう会社と関わることはありません。

そのため、勇気を出して退職を切り出してみてください。勇気を出せば、辛い仕事から解放されますよ、

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告