職場でいじめられるタイプの共通点は○○しない人【答え】仕返しです

「職場でいじめられるタイプはどんな人…?」

いじめは子供の世界だけではなく、大人が集まる職場でも存在しますよね。

残念ですが、いじめられるタイプの人は、職場を変えてもいじめ被害にあう可能性が高いです。

本記事では、職場でいじめられるタイプの人の共通点や特徴を紹介しています。

3分ほどで読み終わるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

✅本記事の内容

・職場でいじめられるタイプの人の共通点
・4つのパターン別に職場でいじめられるタイプを紹介
・職場でいじめられたときの対処法




職場でいじめられるタイプの人の共通点

出典:https://www.photo-ac.com

職場でいじめられるタイプには、共通点があります。

シンプルにいうと「周囲から浮いている+仕返しができない人」です。

同調圧力が強い日本では、「周りと違う人」を排除する傾向がありますよね。

学生時代も周囲から浮いている人(たとえば、”容姿がすぐれない人”や”空気が読めない人”」)がいじめを受けていたでしょう。

大人の世界も同じです。
あなたの性格や能力が職場で浮いていると、いじめを受ける確率が高くなります。

ただ、周りからと浮いていても、必ず職場いじめに合う訳ではありません。

周囲から浮いていても「仕返しができる人」は、職場でいじめを受けにくいです。

なので、職場でいじめられるタイプの共通点は、「周囲から浮いていて仕返しができない人」」と言えますよね。

しかし、相手の立場(上司・同僚・後輩)によって、いじめられるタイプは少し違います。

これから、職場でいじめられるタイプを、「上司(先輩)・同僚・後輩」の3パターンに分けて解説していきます。


職場で上司や先輩からいじめられるタイプ

出典:https://pixabay.com

職場で”上司や先輩から”いじめられるタイプの人は、態度に問題がある場合が多いです。

たとえば、以下のような特徴があります。

・歯向かってくる
・すぐに言い訳をする
・指示を聞かずに仕事を進める
・生意気な態度をとる
・仕事を覚える気がない(メモを取らないなど)
・意見を全然言わない
・仕事のやる気がないように見える

上下関係が厳しい日本社会では、上司に歯向かうことは基本的に許されません。

態度が悪い部下は、嫌われます。
嫌われた結果、上司という立場を利用して、いじめてくるのでしょう。

職場で立場が上の人に好かれるのは、「YESマン」です。
上司からいじめらないようにするには、従順な部下になるしかありません。

しかし、従順な部下でも、”仕事の能力が低い”といじめに合う可能性があります。

仕事の能力が低い場合も、教育と称していじめられます。

仕事の能力の問題で上司からいじめらたときは、
「仕事を早く覚えるか」「能力を発揮できる職場に行くかの」の2択です。

仕事の能力不足でいじめを受けたら、能力を改善するしかありません。

職場で同僚からいじめられるタイプ

出典:https://www.photo-ac.com

職場で”同僚から”いじめられるタイプの人は、「嫉妬の対象になっている人」または「チームワークを乱している人」が多いです。

特徴の例は、以下のとおり。

・仕事の能力が高い(嫉妬の対象になっている)
・上司に気に入られている(嫉妬の対象になっている)
・能力が低くて足を引っ張る(チームワークを乱している)
・積極的に同僚と関わろうとしない(チームワークを乱している)

同僚から嫉妬の対象になったときは、出世して見返しましょう。

あなたの方が立場が上になれば、いじめられる可能性は低くなります。

また、チームワークをつい乱してしまう人は、表向きだけでも協調性がある人を演じた方がいいかもしれません。
日本社会では、協調性がない人は、高確率で嫌われてしまいます。

同僚からいじめられたときは、上司に相談してみるのも1つの手ですよ。

部署を異動させてくれるなど、何らかの対策をとってくれるかもしれません。

職場で後輩からいじめられる(陰で嫌われる)タイプ

出典:https://pixabay.com

職場で後輩からいじめられるケースは、かなりレアでしょう。

しかし、後輩からなめられたり、陰で悪口を言われたりすることもありますよね。

職場で後輩から陰で嫌われる人の主な特徴は、以下のとおり。

・自慢話が多い
・仕事を押し付けてくる
・上司と後輩に接するときの態度が違う
・プライベートに干渉してくる
・仕事ができないのに偉そう

立ち場が上だったとしても、人間性に問題がある場合は、後輩から嫌われます。

嫌われた結果、いじめに発展することも十分考えられるでしょう。

最近はパワハラが問題視されているので、パワハラをでっち上げたれてしまうこともあるでしょう。

後輩と接するときは、偉そうな態度をとらないことをオススメします。

立場が上でも、できるだけ対等に接することが重要ですよ。

【職場でいじめられるタイプ】若い女性はターゲットになりやすい

出典:https://www.pakutaso.com/20161049301post-9368.html

”若い女性”も職場でいじめられやすいタイプと言えるでしょう。

若い女性は男性社員からチヤホヤされやすいため、年上の女性社員から嫉妬されてしまうのです。

女性の職場いじめは、陰湿なものが多いですよね。

悪口を聞こえるように言われることもあるでしょう。

職場で悪口を言われたときの対処法は、『職場で悪口を聞こえるように言われた時の対処法3選【パワハラかも】』の記事を参考にしてください。


職場でいじめられないようにするためには”意志表示”が大切

出典:https://pixabay.com/

職場でいじめをうけないように、日ごろから”意思表示すること”を大切にしてください。

理不尽なことを言われても、意思表示をして反抗すれば、いじめを受けなくなります。

まともな大人ならば、言い返されたら、いじめを基本的にはやめます。

しかし、いじめを受けたときに直接的に言い返すのは、難しいですよね。

なので、職場いじめを受けたら、頭を使って仕返しすれば良いのです。

職場いじめに仕返しする方法については、以下の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

職場でいじめられるタイプの人は必ず証拠を残そう

出典:https://unsplash.com/photos/V29UWcALNko

職場でいじめられるタイプの人は、被害を受けたら”必ず証拠を残してください”。

証拠があれば、場合によっては被害届を出したり、慰謝料を請求したりすることも可能です。

そして、第三者に相談するときにも役立ちます。

証拠を取るときは、音声データやメールなど物理的な証拠を残すのが一番。

また、「いつ・どこで・だれに・何をされたか」被害の記録をメモした物も有効ですよ。

証拠がないと、誰も信じてくれません。
誰かに相談しても、「被害妄想が激しい人」と思われるだけかもです。

なので、職場いじめの被害を受けたら、絶対に証拠を残すようにしましょう!


職場でいじめられるタイプでも自分を責めないで!

出典:https://www.photo-ac.com/

職場でいじめられるタイプに当てはまっていて、実際に被害を受けていても、自分を責めないでください。

いじめを受けて悩んでいると、原因を考えてしまって、自分を責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、いじめを受けたあなたは悪くないです。

いじめは”加害者が100%”悪いんです。

仮にあなたに原因があったとしても、いじめという行為をする必要はないですからね。

自分を責めると、自己肯定感が低くなり、自信がなくなります。

自信がなくなった結果、自殺をしてしまう人も世の中にはいるでしょう。

いじめをする低レベルな人間のせいで、人生を台無しにされたくないですよね。

職場でいじめられたら逃げるのもあり

出典:https://pixabay.com


正直、どんなに対策を練っても、いじめ加害者との関係が改善することはないでしょう。

子供のように、”仲が悪くなってもすぐに仲直り”なんてことは、大人の世界ではありえません。

なので、職場でいじめられたら、退職しても逃げるのも1つの手です。

退職を伝えるのが気まずい人は、退職代行サービスを使うのもありです。

退職サービスを使うと、業者があなたの代わりに退職を伝えてくれて、即日退職も可能です。

なので、職場の人に1度も会うことなく退職できますよ!

無料で相談できるので、興味がある方は以下の記事もご覧ください。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
広告
広告
スポンサーリンク
広告