「仕事はつまらないのが当たり前」は洗脳です!日本社会がおかしい件

出典:https://unsplash.com/photos/ZKBzlifgkgw

「仕事がつまらないのは当たり前!」と考えて、楽しくない仕事を毎日していませんか?

”仕事は辛いものである”という価値観が、日本社会には存在していますよね。

しかし、その価値観は洗脳です。

この記事を読むと、つまらない毎日から脱却することができ、仕事を楽しめるようになるでしょう。

本記事では、「仕事がつまらないのは当たり前!と考えてしまう3つの原因」と「洗脳から脱却する方法3選」を紹介しています。

ぜひ最後まで読んでくださいね。




仕事がつまらないのは日本では当たり前!

出典:https://pixabay.com

日本社会で「仕事がつまらないことは当たり前」になっていることは、実際にデータで証明されています。

世界139ヵ国を対象にした「仕事への熱意度」のアンケートによると、日本の「熱意あふれる社員」の割合は6%でした。

(参考元:日本経済新聞

上記のアンケート結果は、世界139ヵ国中132位です。

そのため、日本社会では「仕事はつまらないのが当たり前」という価値観を持っている人が多いのでしょう。

なぜ、日本では「仕事がつまらないのが当たり前」となっているのでしょうか。

これから、「仕事がつまらないのは当たり前!と考えてしまう原因」について、解説していきます。

仕事はつまらないのが当たり前!と考えてしまう3つの原因

出典:https://pixabay.com/

まずは、あなたが「仕事はつまらないのが当たり前」と考えてしまう原因を知りましょう。

原因を知ると、「仕事=つまらないもの」という、日本社会の洗脳から脱却できますよ。

今回紹介する、「仕事がつまらないのは当たり前」と考えてしまう原因は以下の3つです。

✅仕事がつまらないのは当たり前!と考えてしまう原因

学校の教師や両親からの教育
苦労すれば報われるという勘違い
仕事は続けることが大事という思い込み

それでは、上記の3つの原因を一つずつ詳しく解説していきます。

①学校の教師や両親からの教育

1つ目の原因は「学校の教師や両親からの教育」です。

あなたは、学校の教師や両親から「社会は甘くないぞ」と言われた経験はありませんか?

冒頭で紹介したアンケートの通り、日本人は仕事を楽しんでいません。

そのため、あなたに教育する両親や教師は、「仕事=つまらないもの」と教育してくるのです。

教育を受けた結果、「仕事=つまらないもの」という価値観が身体にしみついているのでしょう。

②苦労すれば報われるという勘違い

2つ目の原因は「苦労すれば報われるという勘違い」です。

日本社会には、苦労をすれば、いずれ報われると信じている人がいます。

そのため、「一生懸命働いて苦労すれば幸せになれる!」という考えになるのでしょう。

しかし、「苦労をして仕事で結果を出す」or 「楽をして結果を出す」ではどっちが良いでしょうか。

個人的には、楽をして結果を出す方が、効率が良いように思えます。

③仕事は続けることが大切という思い込み

3つ目の原因は「仕事は続けることが大切」という思い込みがあるからです。

世の中には、「仕事は最低3年続けるべき」という根拠のない、根性論がありますよね。

仕事の楽しさは無視して、「とにかく継続が大切」と考えている人もいるでしょう。

しかし、人生は一度きりです。

根性論で人生の大切な時間を3年も無駄にするのは、もったいないように思えます。

仕事がつまらないのは当たり前!という洗脳から脱却する方法3選

出典:https://pixabay.com

あなたは、「仕事がつまらないのは当たり前である」という常識に疑問を感じているでしょう。

しかし、明日から行動を少しずつ変えていけば、つまらない毎日から脱出することができます。

私は、下記の3つの方法で、退屈な毎日から脱け出すことができました。

今回紹介する「仕事がつまらない状態から脱却する方法」は、以下の3つです。

✅仕事がつまらない状態から脱却する方法

スキルアップにつながる勉強を始める
心から楽しめる副業をやってみる
環境を変える

それでは、仕事がつまらない状態から脱却する3つの方法を、1つひとつ詳しく解説していきます。

①スキルアップにつながる勉強を始める

最初に紹介する方法は「スキルアップにつながる勉強を始める」です。

仕事の選択肢を増やすためにも、スキルアップに繋がる勉強を始めてみると良いでしょう。

たとえば、現代では以下のような勉強を始めると、仕事の選択肢が広がります。

・プログラミング
・ライティング
・語学

プログラミングやライティングスキルを身に着けると、会社に依存しなくても良くなりますよね。

また、語学を身に着ければ、外資系企業や海外でも働けるようになるでしょう。

現在のつまらない仕事から抜け出せないのは、”自分のスキルに自信がないから”ではないでしょうか。

どこの会社に行っても通用するスキルを身につければ、楽しい仕事を選べるようになりますよ。

②心から楽しめる副業をやってみる

出典:https://pixabay.com

2つ目に紹介する方法は「心から楽しめる副業をやってみる」です。

本業がつまらないときは、副業を始めて、新たな可能性を見つけてみると良いでしょう。

副業には様々な種類がありますが、あなたが心から楽しめるものを選んでください。

心から楽しめる副業を続けていると、将来的にそれが本業になるかもしれません。

逆につまらない副業を始めると、本業と二重でストレスがかかってしまいます。

そのため、心から楽しい思える副業を選んでください。

実際に副業を始めてみないと、楽しいかどうかはわかないので、とりあえず挑戦してみることが大切です。

③環境を変える

最後に紹介する方法は「環境を変える」です。

「仕事がつまらない」という問題は、現在の環境を変えれば解決するでしょう。

環境を変えるとはいっても、いきなり転職する必要はありません。

まずは、部署異動できないか、人事に相談してみるのも1つの手です。

わざわざ退職しなくても、部署を変えれば仕事が面白くなるかもしれません。

仕事がつまらないときは、とりあえず行動を起こすことが重要です。

私は後先を考えずに行動して、理想のライフスタイルを手にいれました。

仕事がつまらないを当たり前にしたくない私は”3回短期離職した

出典:https://unsplash.com/photos/jX6WXNkvsPs

私は24歳までに3回短期離職した、超社会不適合者です。

「仕事がつまらない」と感じたら、すぐに会社を辞めるようにしています。

しかし、25歳の現在は自分で生計を立てられており、転職したことを一度も後悔していません。

あなたが私より転職回数が少ないのであれば、今後の人生の心配をする必要はありません。

現在の仕事をつまらないと感じているならば、転職しても全然生きていけますよ。

転職活動が不安な方は

あなた1人で転職活動をすると、「またつまらない仕事を選んでしまうのではないか」と不安になりますよね。

一度仕事選びに失敗しているので、今度は失敗したくないですよね。

仕事選びに失敗したくないならば、転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントは転職のプロです。

現在の仕事がつまらないと感じた原因を分析して、あなたにピッタリな仕事を紹介してくれますよ。

無料で相談することができるので、相談だけでもしてみると良いでしょう。

仕事がつまらないは当たり前?:まとめ

出典:https://pixabay.com

本記事では、「仕事がつまらないのは当たり前!と考えてしまう3つの原因」と「洗脳から脱却する方法3選」を紹介しました。

最後にもう一度、内容をおさらいをしましょう。

✅仕事がつまらないのは当たり前!と考えてしまう原因

学校の教師や両親からの教育
苦労すれば報われるという勘違い
仕事は続けることが大事という思い込み

✅仕事がつまらない状態から脱却する方法

スキルアップのための勉強を始める
心から楽しめる副業をやってみる
環境を変える

「仕事がつまらないのは当たり前!」という価値観は、あなたの思い込みかもしれません。

本記事で紹介したとおり、楽しい仕事を見つけるためには、まずは行動をしなければいけません。

本記事で紹介した方法を明日から実践して、心から楽しめる仕事をみつけましょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告