ホワイト企業がつまらないときの対処法5選【現状維持は最大のリスク】

出典:https://www.photo-ac.com

ホワイト企業にいるけど、仕事がつまらない…」と、悩んではいませんか?

ホワイト企業に勤めていると、他人から羨ましがられることが多いと思います。

しかし、ホワイト企業には、ホワイト企業ならではの”辛さ・つまらなさ”がありますよね。

本記事では「ホワイト企業がつまらない5つの理由・対処法」について、解説しています。

この記事を読むと、ホワイト企業の退屈な毎日から抜け出すことができますよ。

ぜひ最後まで読んでくださいね。




ホワイト企業がつまらない5つの理由

出典:https://www.photo-ac.com

まずは、あなたが「ホワイト企業をつまらないと感じる理由」を、分析していきましょう。

自分自身がつまらないと感じる理由を詳しく知れば、それに対する解決策を考えることができます。

今回紹介する、ホワイト企業がつまらないと感じる理由は、以下の5つです。

✅ホワイト企業がつまらない5つの理由

①仕事量が少なすぎて暇だから
②退屈な仕事が多いから
③人間関係が固定化されるから
④出世や昇給に時間がかかるから
⑤スキルが身につかないから

あなたがつまらないと感じる理由は、上記のいずれかに当てはまりませんか?

それでは、ホワイト企業がつまらないと感じる5つの理由を、一つひとつ詳しく解説していきます。

①仕事量が少なすぎて暇だから

最初に紹介するつまらない理由は「仕事量が少なすぎて暇だから」です。

ホワイト企業はブラック企業と比較すると、仕事量が少ないですよね。

下手すると、仕事が午前中にしまうことも多いでしょう。

仕事が午前中に終わったとしても、定時までは「仕事をしているフリ」をしなければいけないのは辛いですよね。

②退屈な仕事が多いから

出典:https://unsplash.com/photos/wawEfYdpkag

2つ目に紹介するつまらない理由は「退屈な仕事が多いから」です。

毎日同じ仕事の繰り返し。

ホワイト企業は、ルーティンワークが多く、仕事に飽きてしまうこともあるでしょう。

さらに、ホワイト企業では、”上司に指示された仕事しか”できないことが多いですよね。

自分で考えて働くことができないと、仕事にやりがいを感じにくくなるでしょう。

逆に、ベンチャー企業はブラックな会社が多いですが、仕事にやりがいを感じているひとが多いです。

これは、仕事内容をある程度、自分で決めることができるからでしょう。

仕事内容が退屈な人は、将来的にベンチャー企業への転職も考えてみると良いですね。

③人間関係が固定化されるから

3つ目に紹介する理由は「人間関係が固定化されるから」です。

ホワイト企業は、離職率が低い傾向にあるため、人がなかなか入れ替わらないでしょう。

退職者が少ないと人間関係が固定されるため、同僚から一度嫌われたら、非常に働きづらいですよね。

また、ホワイト企業は安定志向の人が多いため、 ”面白みのない人間”が多い傾向にあります。

私はベンチャー企業にもいたことがありますが、面白い人が多かったですよ。

ある日突然、会社を辞めて世界一周旅行に出かける人とかもいますw

ホワイト企業では、ぶっとんだ行動をする人が少ないので、人間関係につまらなさを感じる原因となりやすいでしょう。

④出世や昇給に時間がかかるから

出典:https://www.photo-ac.com

4つ目に紹介する理由は「出世と昇給に時間がかかるから」です。

ホワイト企業は安定していますが、結果を出しても正当な評価をしてもらいにくいでしょう。

仕事をどんなに頑張っても、給料が上がらない環境ではやる気がでないですよね。

また、出世にも時間がかかります。

会社役員などは全員中高年がつとめており、20代の社員に参入の余地はないでしょう。

若いうちから給料をがっつり稼いだり、出世したりしたい人にとって、ホワイト企業は退屈でしょう。

⑤スキルが身につかないから

最初に紹介する理由は「スキルが身につかないから」です。

ホワイト企業は書類作成などのムダな仕事が多く、将来に役立つスキルを身につけるのは難しいでしょう。

たとえば、以下ような仕事をしても、スキルは何も身につかないですよね。

・日程調整やお礼のメール
・誰も読まない報告書

上記の業務は、働き方が新しいベンチャー企業ではほぼないですよ。

メールはチャットに代用されてますし、報告書は時間のムダなので、誰も書きません。

「この仕事をしてもなんのスキルも身につかない…」と感じると、仕事が退屈になるでしょう。

そんな退屈な環境に、あなたは耐えるべきなのでしょうか…?

ホワイト企業がつまらないときは耐えるべきか

出典:https://www.photo-ac.com

ホワイト企業がつまらないときは、無理に耐えなくても良いでしょう。

人生は一度きりです。過ぎた時間は二度と返ってきません。

しかし、現在のあなたが条件の良い企業に勤めている場合は、耐えた方が良い場合もあります。

下手に転職すると、条件の悪い会社に入ってしまう可能性もありますからね。

ホワイト企業につまらなさを感じていても、ブラック企業に自ら入社したい人はいないでしょう。

現在の会社に耐えるべきかは、あなたの”会社の待遇”によって、判断するべきです。

あなたが現在の会社に耐えるべきかの判断基準は、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

よかったら、以下の記事も合わせて読んでみてください。

ホワイト企業がつまらないときの対処法5選

出典:https://unsplash.com/photos/Ws4wd-vJ9M0

あなたが退屈な毎日から脱却できるように、ここから、ホワイト企業がつまらない時の対処法を紹介していきます。

今回紹介するホワイト企業がつまらないときの対処法は、以下の5つです。

✅ホワイト企業がつまらないときの対処法5選

自分で目標を設定する
日常に変化をつけてみる
将来に役立ちそうな勉強を始める
副業を始める
楽しそうな仕事を始めてみる

それでは、ホワイト企業がつまらないときの対処法を、1つずつ詳しく解説していきます。

①自分で目標を設定する

最初に紹介する方法は、「自分で目標を設定する」です。

つまらない毎日から解放されるために、自分の中で小さな目標を設定してみましょう。

目標はどんな小さなものでも大丈夫。

最初は「誰よりも仕事を早く終わらせて定時に帰る」などの、意識が低い目標でも良いでしょう。

つまらない毎日の中に小さな目標をみつけると、仕事のやる気がアップしますよ。

    ②日常に変化をつけてみる

    出典:https://o-dan.net/ja/

    2つ目に紹介する対処法は「日常に変化をつけてみる」です。

    ホワイト企業は、ルーティンワークなどの”変化が少ない仕事”が多いですよね。

    ・朝早く出勤して勉強をしてみる
    ・通勤の経路を変えてみる
    ・今まで話したことがない同僚と話してみる

    日常が退屈で刺激が欲しいときは、上記のように日常に変化をつけてみましょう。

    つまらない毎日から脱出するためには、自分から少しずつ変化していくしかありません。

    ③将来に役立ちそうな勉強を始める

    3つ目に紹介する対処法は「将来に役立ちそうな勉強を始める」です。

    日本の社会人は勉強をあまりしないので、少し勉強をするだけで、周りの人と差をつけることができます。

    総務省の調査によると、日本の社会人の勉強時間は”1日平均6分”でした。(参考元:https://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/
    kekka.html)

    勉強の内容は、収入アップが見込めたり、副収入が得られたりするものが良いでしょう。

    私は、会社員時代に「webライティング」の勉強をして、現在フリーランスになることができました。

    つまらない毎日に変化をつけるためにも、将来に役立ちそうな勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

    ④副業を始める

    出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/461077/

    4つ目に紹介する方法は「副業を始める」です。

    副業を始めると、つまらない毎日から脱却することができるでしょう。

    副業は「楽しそうで継続できそうなもの」を選ぶと良いですね。

    つまらない副業を選んでしまうと、本業と二重にストレスがかかってしまいます。

    副業を趣味感覚で継続していくと、いずれは”本業になる”こともあるでしょう。

    現在は、「YouTuber」や「ライブ配信者」など、様々な新しい職業が出てきていますからね。

    副業を継続していたら、「知らぬ間に本業の収入を超えていた」ということも、十分あり得る時代です。

    ⑤楽しそうな仕事を探してみる

    出典:https://www.pakutaso.com/20170804233post-12894.html

    最後に紹介する対処法は「楽しそうな仕事を探してみる」です。

    ホワイト企業を退職するのは、非常にリスクがある行動です。

    あなたが好待遇のホワイト企業で働いているならば、転職するのはもったいないでしょう。

    最初は、転職サイトの求人を見て、楽しそうな仕事を”探してみるだけ”で良いでしょう。

    無料で転職サイトの求人は見ることができるので、求人を眺めてみると、意外な発見があるかもしれません。

    ホワイト企業がつまらないときの対処法:まとめ

    出典:https://pixabay.com

    本記事では「ホワイト企業がつまらない5つの理由・対処法」について、解説しました。

    あなたがつまらない毎日から脱出できるように、最後にもう一度、5つの対処法をおさらいしましょう。

    ✅ホワイト企業がつまらないときに対処法5選

    自分で目標を設定して努力する
    日常に変化をつけてみる
    将来に役立ちそうな勉強を始める
    副業を始める
    楽しそうな仕事を始めてみる

    ホワイト企業がつまらないと感じたときは、まずは原因を分析することが大切です。

    その原因をもとに、「仕事に耐え続けるべきかどうか」の判断をしてみてください。

    退屈な毎日から抜け出すためには、今すぐ行動を起こすことが大切です。

    この記事で紹介した対処法を参考にして、今日から何らかの行動を始めてみると良いでしょう。

    最後まで読んで頂いてありがとうございました。
    スポンサーリンク
    広告
    広告

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    広告