入社1ヶ月だけど仕事辞めたい!退職して良いケース|ダメなケース

「入社してまだ1ヶ月しか経っていないのに、もう仕事辞めたい…」

仕事を辞めようか毎日悩んではいませんか?

私は新卒時代に入社した会社を1ヶ月以内に退職したことがあるので、辞めたい気持ちが本当に良くわかります。

本記事を読むと、会社を辞めて良いか判断することができますよ。

また、今後の転職活動をどう進めていけば良いかもわかりますので、是非最後まで読んでくださいね。

本記事の内容

・入社1ヶ月で退職して良いケース
・入社1ヶ月で退職するのはNGなケース
・転職活動に向けて備えること




仕事辞めたい!1ヶ月で退職はあり?法的な問題はないか

出典:https://www.photo-ac.com/

正社員の方は、基本的には長期雇用が前提で雇用契約を結びますよね。

果たして仕事を1ヶ月で退職する場合に、法的な問題はないのでしょうか?

結論から言うと、法的な問題はありません。

民法上の規定

民法627条に、退職を伝えてから2週間後に仕事を辞めれることが、定められています。

民法上「期間の定めがない雇用契約」の正社員は、退職を伝えてから、2週間後に雇用契約の解除ができます。

しかし、契約社員や派遣社員などの「期間に定めのある雇用契約」の場合は、期間満了まで仕事をする必要があります。

そのため、3ヶ月の雇用契約を結んでいた場合、原則として3ヶ月は働かなくてはなりません。

就業規則で○ヶ月前に退職を申し出ると定められていたら?

会社によっては、就業規則で「退職を3ヶ月前に申し出ること」などと定められていることもあります。

しかし、就業規則がある場合でも、2週間前に退職を伝えれば、仕事を辞めることができます。

就業規則よりも、法律の方が効力が強いため、2週間で退職は可能です。

退職を伝えれば、会社側があなたの退職を拒否する権利はないため、2週間後には退職できます。

理不尽な就業規則に従う必要は一切ありません。

仕事辞めたい!1ヶ月で退職しても良い3つのケース

出典:https://www.pakutaso.com/201606221551-6.html

入社して1ヶ月で仕事を辞めたいと言っても、会社の人はもちろん、家族も反対するでしょう。

しかし、仕事を辞めたい理由によっては、1ヶ月で辞めても良いでしょう。

嫌な仕事を無理に続けて、身体や心を壊すよりはマシです。

1ヶ月以内に仕事を辞めても良い場合は、以下の3つの場合です。

1ヶ月以内に仕事を辞めても良いケース

労基法に違反している
パワハラを受けている
うつになりそう

それでは、仕事を辞めても良いケースを、1つひとつ丁寧に解説していきます。

仕事辞めたい!1ヶ月で退職しても良いケース①労基法に違反

出典:https://www.pakutaso.com/20150204047post-5181.html

最初に紹介する1ヶ月で退職しても良いケースは、あなたの勤め先が「労働基準法に違反している」ケースです。

・残業代が1円も支払われない
・給料未払いがある
・長時間労働や休日出勤は当たり前

上記のように、労働基準法を違反している会社に勤めている方は、早めに退職した方が良いでしょう。

特に長時間労働の会社で働いていると、身体を壊す危険性が高くなります。

あなたが身体を壊しても、会社は責任を一切とってくれません。

仕事辞めたい!1ヶ月で退職しても良いケース②パワハラがある

出典:https://www.pakutaso.com/20200415120post-27169.html

2つ目に紹介する1ヶ月で退職しても良いケースは、「パワハラ(又はセクハラ)がある」ケースです。

入社してから1ヶ月しか経っていないあなたに、パワハラをするような会社は、新人を大切にしない会社です。

新人を大切にできない会社は、いずれ労働力が足りなくなって、倒産します。

また、パワハラを受けてうつ病になっても、会社は一切責任を取ってはくれません。

そのため、パワハラがある会社は、早めに見切りをつけましょう。

仕事辞めたい!1ヶ月で退職しても良いケース③うつになりそう

出典:https://www.pakutaso.com/20200245058post-26063.html

最後に紹介する1ヶ月で退職しても良いケースは、「うつ(鬱)になりそう」です。

新しい職場に疲れて、最近精神的におかしくなってはいませんか?

もし、うつ(鬱)になりそうな場合は、すぐに会社を辞めた方が良いです。

私は、嫌な仕事を無理に続けたら、うつ病になって4カ月間社会復帰できなかったことがあります。一度うつ病になると、中々治りません。

うつ病については、以下の記事で詳しく解説しているので、良かったら参考にしてくださいね。

仕事を辞めたいのはうつ(鬱)?新卒が精神的に疲れた時の対処法4選

仕事を辞めたい!1ヶ月で退職するのはNGな3つのケース

出典:https://www.pakutaso.com/20190715204post-21794.html

仕事がすごく辛い気持ちもわかりますが、1ヶ月で退職するのは早すぎる場合もあります。

仕事を辞めたくても、以下の3つのケースに当てはまる場合は、現在の仕事を続けることをオススメします。

1ヶ月で退職するのはNGなケース

仕事に向いていない
やりたい仕事ができない
上司に怒られたくない

それでは、1ヶ月で退職するのはNGなケースを一つ一つ丁寧に解説していきます。

1ヶ月で退職するのはNGなケース①仕事に向いてない

出典:https://www.pakutaso.com/201905491273-49.html

最初に紹介する1ヶ月で退職するのはNGなケースは、「仕事に向いていない」から退職したいと考えている場合です

1年くらい仕事を続けてから適性を判断するのは良いです。

しかし、1ヶ月で仕事を向いていないと決めつけるのは、早すぎます。

入社間もない頃は、仕事の要領が掴めなくて「自分はこの仕事に向いていないのか…」と思うことがありますよね。

しかし、まずは与えられた仕事に一所懸命取り組んでみましょう。何か月か継続したら、意外と慣れてくるかもしれません。

1ヶ月で退職するのはNGなケース②仕事のミスが多い

出典:https://www.pakutaso.com/20180458113post-16011.html

2つ目に紹介する1ヶ月で退職するのはNGなケースは、「仕事のミスが多い」です。

入社して間もない頃は、どうしてもミスが多くなってしまいます。

仕事でミスをすると、周囲の人に申し訳ない気持ちになりますよね。

しかし、入社して1ヶ月であれば、ミスをするのは当たり前です。

最初は、ミスをして周りに迷惑をかけたりしても、慣れてくれば自然とミスが少なくなりますよ。

1ヶ月で退職するのはNGなケース③上司に怒られたくない

出典:https://www.pakutaso.com/20200402120post-27250.html

最後に紹介する1ヶ月で退職するのはNGなケースは、「上司に怒られたくない」です。

毎日上司に怒られると、やる気がなくなりますよね。

しかし、上司が怒るのは、あなたに期待しているからかもしれません。上司は期待していない部下のことは、諦めているので怒りません。

理不尽に怒ってくるのは、パワハラの可能性もあります。ただ、あなたのミスを正当な理由で怒ってくるのは、期待されている証拠です。

そのため、怒られるのが嫌だという理由で退職してしまうのは、オススメできません。

【体験談】私は仕事を辞めたいと思ったので1ヶ月以内に退職した

出典:https://www.pakutaso.com/20190854231post-22772.html

私は、新卒で入社した会社を1ヶ月以内に退職したことがあります。

仕事を辞めた当初は、もう正社員として再就職はできないかと思い、人生に絶望しました。

しかし、転職活動を始めてから、何社か受けて転職先が決まりました。

あなたがまだ20代ならば、対策をしっかりすれば、再就職は余裕です。

仕事を1ヶ月で辞めたいと思ったら転職に備えて気を付けること

出典:https://www.pakutaso.com/20190845233post-22776.html

1ヶ月で仕事を辞めると、転職活動をする際に、前職を辞めた理由はかなり深く聞かれます。

そのため、「退職理由を面接でいかに上手く説明できるか」がカギとなります。

ここからは、入社1ヶ月以内に退職した私が、面接で退職理由を上手く説明するために、準備したことを解説していきます。

面接で退職理由を説明するための準備

正当な理由を考える
嘘はつかない
前社を悪く言わない

転職活動で退職理由を説明するための準備①正当な理由を考える

転職活動で面接官を納得させるためには、正当な退職理由を考えなくてはいけません。

ブラック企業が問題視されている近年では、面接官も労働環境の酷いブラックな職場があることを理解しています。

そのため、「1ヶ月で辞めても仕方ないな」と、面接官に思ってもらえるような、正当な退職理由を話せるようにしましょう。

転職活動で退職理由を説明するための準備②嘘はつかない

短期離職は、面接官からの評価が悪いため、嘘をつこうと考える人もいるでしょう。

ですが、嘘がバレると面接に落ちてしまうので、嘘をつくのはやめておきましょう。

面接官は、面接のプロなので、嘘を見抜くのがうまいです。
面接で質問されたこと以外を話さないのは、ありです。
しかし、「嘘をつくのはダメです」。

転職活動で退職理由を説明するための準備③前社を悪く言わない

前社が酷い労働環境だった場合、面接で悪く言いたくなる気持ちはわかります。

しかし、前社の悪口を面接で言ってしまうと、また会社に不満を持ってすぐに辞めてしまうのではないかと、思われてしまいます。

そのため、退職理由を言うときは、オブラートに包んで、退職理由を話すようにしましょう。

まとめ

本記事では、「入社して1ヶ月で退職しても良いケース or ダメなケース」について、私の体験談を交えて解説しました。

最後に入社して1ヶ月で退職して良いケース/悪いケースを、もう一度おさらいしましょう。

1ヶ月以内に仕事を辞めても良いケース

労基法に違反している
パワハラを受けている
うつになりそう

✅1ヶ月で退職するのはNGなケース

仕事に向いていない
やりたい仕事ができない
上司に怒られたくない

もし、仕事を辞めても良いケースに当てはまった人は、早めに退職することをオススメします。

退職を伝えるのが気まずい人は、退職サービスを使うとよいでしょう。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告